石垣島、五感で楽しむ植物園「石垣島サイエンスガーデン」

 
温帯スイレンと熱帯スイレンそれぞれが咲く池が並ぶ

 年々訪れる人が増えている注目の”手づくり”植物園が石垣島にある。パッションフルーツをはじめとしたフルーツの生産と加工、販売を約30年以上続ける株式会社川平ファームが運営する「石垣島サイエンスガーデン」だ。
 約5000坪の土地では、多種多様な植物やマングローブ、希少生物等の観察ができる。川平ファーム社長の橋爪雅彦さんは植物画家でもあり、川平ファームの建物に入ると橋爪さんの描いた植物画や標本が来場者を迎える。

子どもも楽しめるガーデンツアー

 もともとは、趣味に近い形で作っていたという。2015年、全国からハーブや香りのスペシャリストが集い、ハーブの個性と特色を生かした魅力あるまちづくりを推進することを目的として行われる「全国ハーブサミット」が石垣島で行われ、公開したのがオープンガーデンのきっかけだった。すると周りの人たちから普段から公開した方が良いとの勧めで無料公開を始め、料金ももらうべき、との声を受け、現在の形になった。
 園内は見学のみの入場もできる。「五感で楽しむ!ガーデンツアー」に子どもたちと参加した。案内してくれた高木拓之さんは、15年ほど前からサイエンスガーデンの管理に携わっている。

サイエンスガーデンを管理する高木拓之さん
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  「ブルーシールアイスクリーム」を展開するフォーモスト・ブルーシール株式会社(浦添…
  4. 「コロナで失業しました。子供がいることで不採用にもなった所が何か所かありました。仕事が探せ…
  5.  5月23日に4度目となる緊急事態宣言が始まった沖縄県。GW明けから新型コロナウイルスの感…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵大寛組国場組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ