石垣島、五感で楽しむ植物園「石垣島サイエンスガーデン」

 
美しいエメラルドグリーンのヒスイカズラ

 石垣島サイエンスガーデンでは「ヒスイカズラ」の美しさが近年話題で、今年はシーズン中1週間の間に1000人もの人が訪れた。ヒスイカズラはフィリピン諸島原産で、原産国では絶滅の危機にあるという。ヒスイカズラは間もなく終わりを迎えるタイミングではあったものの、エメラルドグリーンの美しい花を見ることができた。また、太陽のような色が特徴的なマイソルヤハズカズラが最盛期を迎えていた。

季節や時間帯によって変化する景色

 園内に足を踏み入れると、一年中咲き乱れる熱帯スイレンに、パッションフラワーの見本園や、100種類以上のプルメリアの花、ハーブ類、カンムリワシやキンバト・セマルハコガメ等の天然記念物なども視界に飛び込んでくる。また、マングローブ林もあり、海浜生物の観察もできる。

豊かな自然に興味津々の子どもたち

 この日は干潮だったため、土の上でヒレを使って動き回るトントンミーの姿を見かけた。時間が経ち満潮になると海水が入ってきて、景色が変わる。高木さんは「ここから見える木の、どれがマングローブだと思う?」と、子どもたちの好奇心を刺激する質問を投げかけてくれる。ツアーで話す内容は参加者の反応や好みによって変えているそうで、一期一会のオリジナルツアーが体験できる。
「これは食べられるよ、食べてごらん」と勧められ様々な植物を口にした。普段偏食がちな息子もおそるおそる口にしていたのに驚く。40年以上無農薬で栽培しているという園内の植物は、安心して口にできる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ