沖縄で住まうように過ごす空間 コンドミニアムホテル沖縄夢登 

 

 那覇空港から車でおよそ40分。海が一望できる小高い丘に建つ、南城市のコンドミニアムホテル沖縄夢登(むーと)は、昨年12月1日にオープンしたばかりの5階建ての宿泊施設で、南部に位置しながら、ヤンバルのような雰囲気が漂う自然豊かで静かな場所にある。

もとは保育園!計画途中にコロナで「まさかや〜」

 元々ここには保育園施設があった。ところが財政不足に悩む南城市が売却することとなり、買い手がなかなか見つからなかったところ、手を上げたのがオーナーの嶺井博敏さん(61)だった。「いつもお世話になっていた地域に貢献できると思って。目の前の道はバスが通っていて、昔は賑やかな所だった。だから市からは『いろんな人が行き交う施設にして欲しい』とやんわりと言われて。それって宿泊施設作ってってことだよね」と笑って話した。

保育園時代の石をそのまま庭に残してある

 嶺井さんは、それまで34年間電気事業を営んでいたところを一念発起、銀行や地域関係者などと何度も交渉し、多くの人たちの助けを借りて建設に取りかかった。ところが、計画途中で新型コロナウイルスが世界中に蔓延し「まさかや〜」の事態に。それでも始めた事業を止めることなく前に進んだ。「僕は立ち止まったら死んじゃうマグロなんだ。どうにかなる。一生懸命やれば誰かが助けてくれるさ〜」と諦めることはなかった。

天気の良い日は久高島を望むことも

 そんなオーナー夫妻を支えているのが、娘である沖縄夢登の総支配人大城八弥さん(34)だ。6才5才3才の3人の母親で泡盛女王の経験もある。「父は無鉄砲。一度決めたら突き進むんです。母も同じかも。だから子どもたちが少しブレーキを掛けているんですけどね」と言いながらも、とても楽しそうである。

総支配人大城八弥さん

 沖縄夢登は全部で8部屋、内装が全て異なる。全室にベランダがついていて、ニライカナイから登る朝陽や沈む夕日を楽しめ、天気が良いと「久高島」を望むこともできる。なんと言っても、ベッドで目覚めたら海が一望できるのは、日頃なかなか経験できない。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ