密を避け楽しめる県内リゾート トレーラーハウスの「ウッドペッカー」

 
トレーラーハウスがずらりと並ぶ


 まもなく12月、再び感染症の拡大が懸念され、全国的に生活の制限がかかり始めた。春の緊急事態宣言から様々な我慢を強いられ、観光業や飲食業は大打撃、誰もが今まで通りに生活することすら難しく、フラストレーションがたまる一方である。そんな中、沖縄県内のホテル業界で、打撃も少なく営業している場所があると聞き、出かけてみた。

なぜコロナ禍でも以前と変わらず営業できるのか


 その名は「ウッドペッカー(=キツツキ)」。美ら海水族館から車でおよそ10分、今帰仁村に位置するトレーラーハウスのリゾートホテルだ。17台のトレーラーハウスが敷地内にずらりと並び、中央にプールとカフェ、サウナ・スパ施設が併設している。目の前には真っ青な海が広がり、背に鳥のさえずりが聞こえてくる森という大自然に囲まれた所だ。

カフェの前にプールがある

 夜には満天の星が降り注ぐ。ノグチゲラ(キツツキ)が敷地内に生息していたことからウッドペッカーと名付けられたほど自然豊かな土地である。ではなぜここが以前と変わらず営業できているのか??

目の前に広がる美しい海!!


 答えは明確。「密にならない」からである。個々のトレーラーハウスで、グループ、ファミリー、カップルで行動でき、食事は主に屋外。ブールや砂浜で遊べ、専用バスの中でカラオケも出来る。何の縛りもなく自由なのだ。特に子供たちにとってトレーハウスは秘密基地のようであり、わくわく感がとまらない。

トレーラーハウス内、ベッドはこの部屋の左右にもある
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  2.  沖縄のプロサッカーチームFC琉球のJ2昇格2年目のシーズンが終わった。22チーム中16位…
  3.  90年代、「DA.YO.NE」の楽曲でヒップホップ初のミリオンセラーを記録、紅白歌合戦出…
  4.  “沖縄の新たなエンターテインメント”を開拓すべく旗揚げから8年目を迎えた「琉球ドラゴンプ…
  5.  白・赤・青カラーのミニスカートワンピースに、夏らしさを感じさせるサンバイザー。「真夏にビ…

特集記事

  1.  緊急事態宣言が再発出される直前の1月7日、羽田空港からスカイマーク613便に乗って下地島…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ