密を避け楽しめる県内リゾート トレーラーハウスの「ウッドペッカー」

 
トレーラーハウスがずらりと並ぶ


 まもなく12月、再び感染症の拡大が懸念され、全国的に生活の制限がかかり始めた。春の緊急事態宣言から様々な我慢を強いられ、観光業や飲食業は大打撃、誰もが今まで通りに生活することすら難しく、フラストレーションがたまる一方である。そんな中、沖縄県内のホテル業界で、打撃も少なく営業している場所があると聞き、出かけてみた。

なぜコロナ禍でも以前と変わらず営業できるのか


 その名は「ウッドペッカー(=キツツキ)」。美ら海水族館から車でおよそ10分、今帰仁村に位置するトレーラーハウスのリゾートホテルだ。17台のトレーラーハウスが敷地内にずらりと並び、中央にプールとカフェ、サウナ・スパ施設が併設している。目の前には真っ青な海が広がり、背に鳥のさえずりが聞こえてくる森という大自然に囲まれた所だ。

カフェの前にプールがある

 夜には満天の星が降り注ぐ。ノグチゲラ(キツツキ)が敷地内に生息していたことからウッドペッカーと名付けられたほど自然豊かな土地である。ではなぜここが以前と変わらず営業できているのか??

目の前に広がる美しい海!!


 答えは明確。「密にならない」からである。個々のトレーラーハウスで、グループ、ファミリー、カップルで行動でき、食事は主に屋外。ブールや砂浜で遊べ、専用バスの中でカラオケも出来る。何の縛りもなく自由なのだ。特に子供たちにとってトレーハウスは秘密基地のようであり、わくわく感がとまらない。

トレーラーハウス内、ベッドはこの部屋の左右にもある
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」が世界自然遺産に正式決定する見通しだ。そのう…
  2.  6月末の沖縄県議会で、県立中部病院で発生した新型コロナウイルスのクラスターについての公表…
  3.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  4.  コロナ禍で去年は中止となった全国高校野球選手権沖縄大会は、18日に決勝戦が行われ、65校…
  5.  任期満了に伴い、7月11日に投開票された那覇市議会議員選挙では、40の議席を巡って63人…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組国場組琉球海運_広告前田鶏卵

特集記事

  1.  新型コロナウイルスワクチンの供給をめぐって、沖縄県と県内の複数の市との間でつばぜり合いが…
  2.  沖縄県金融広報委員会(事務局・日銀)が2019年に全国を対象に実施した金融リテラ…
  3.  亜熱帯の森に希少な固有種が多数生息する奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島について、…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ