不妊治療 助成拡充で負担軽減なるか 国は保険適用拡大方針

 

 日本産科婦人科学会は今年10月、国内で2018年に体外受精で生まれた子どもは、過去最多となる5万6979人に登ったと発表した。同年の厚生労働省による統計では、総出生数が91万8400人で、16人に1人が体外受精で生まれた計算になり、この割合は年々増加傾向にある。不妊の原因は女性だけでなく男性の場合、男女両方、原因不明のケースもある。近年は晩婚化が進んだことで、妊娠・出産を希望する年齢が高くなっていることも、不妊が多くなっていることの要因の1つとされている。
 菅義偉政権は少子化対策の目玉として、不妊治療の公的医療保険適用拡大を掲げており、厚労省は医療費助成額の引き上げる方針をまとめた。

助成額を倍増、回数制限も緩和

 不妊治療を受ける人への費用助成は、現行では初回30万円で2回目以降は15万円となっているが、厚労省の見直し案では2回目以降の助成額も30万円に倍増。さらに、年齢に応じて通算6回までとしている回数制限についても「子ども1人につき最大6回」に緩和する。このほか、夫婦合計の所得が730万円未満としていた制限も撤廃し、事実婚のカップルも支援対象とするなど、大幅な見直しを行う方針を示している。公的医療保険の適用拡大については2022年度実施を目指しており、それまでの措置として20年度中にも助成制度拡充を実施する。

 治療費用は、公的保険が適用されれば自己負担は3割だが、現行の適用対象は不妊原因の検査など一部にとどまる。体外受精や顕微受精などの処置は適用外で、上記の条件を満たして国の助成を受けることができなければ、全額自己負担となる。

 治療にはいくつかの段階があり、高度になるほど費用が高くなる。超音波検査などで妊娠の確率が高い時期を見定める「タイミング法」(1回につき数千~1万円程度)、子宮内に精子を注入して受精を試みる「人工授精」(1回につき1~数万円程度)、卵子と精子を体外で受精させる「体外受精」「顕微受精」(1回につき数十万円程度)という順に進めていくのが一般的だ。

高額化で若い世代が断念

 不妊で悩む人の支援を行っているNPO法人「Fine」の不妊治療と経済的負担に関するアンケート(2018年m)によると、2010年の調査と比較して体外受精・顕微受精の1周期あたりの平均治療費が「50万円を超える」と回答した割合がともに2倍以上に増加しており、治療費が高額化している傾向を指摘している。これに関連し、経済的な理由で次の段階の治療に進むことを躊躇・延期・断念した経験がある割合は半数以上にのぼっており、20代後半~30代前半にかけての年代が多いことも分かっている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ