不妊治療 助成拡充で負担軽減なるか 国は保険適用拡大方針

 

 また、不妊を心配する気持ちはあるが治療をしたことがない人の理由として「経済的な負担が心配だから」と答えた人が多いという結果も出ている。さらに、国が実施している治療の助成金については、申請をしたことがない人が約6割となっており、その理由として「所得制限を超えるから」というのが最も割合が高く、次いで「治療が助成の対象ではないから」が多かった。

 前述した通り、妊娠の確率を上げるために治療を高度化していけば、支払う費用も嵩む。生まれてくる子どものために貯めていた貯金を不妊治療に充てたり、体外受精にステップアップするための費用を捻出するために治療を一時的に休んで働くケースもある。また、国の助成についても、所得制限をわずかに超えて受けられない夫婦にとっては、経済的負担が重くのしかかっているのが現状だ。

不妊治療の流れ(厚生労働省資料より)

治療のため16%が離職

 厚生省が2017年に実施した赴任と仕事の両立についての調査では、不妊治療をしたことがある人のうち、16%が「仕事を辞めた」と回答した。8%が雇用形態を変更している。仕事と治療の両立について、半数以上の53%は「両立できている」としているが、それでもそのうちの8割以上が「両立は難しい」と回答しており、主な理由として「通院回数が多い」「精神面で負担が大きい」「待ち時間など通院時間にかかる時間が読めない、仕事との日程調整が難しい」といったことが挙げられている。

 不妊治療のことを職場に伝えている人の割合は38%にとどまっており、「知られたくない」「気遣いをしてほしくない」といった理由が並ぶ。

 こうしたアンケートや調査分かるのは、不妊治療についてのさまざまな方面からの理解が未だ不十分であるということだ。
 保険適用の拡大や助成制度の拡充は治療に臨む当事者にとって、大きな支援になることは間違いない。しかし、治療がどれくらいの期間続くのか、どれくらいの費用がかかるのか、精神的な忍耐がどれだけ続くのかなど、当事者それぞれで個人差があり不確定要素も多い。経済的な支援はもちろんだが、支援をきちんと行き渡らせるためには、不妊の問題について社会全体が理解を深めていくことが不可欠だ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告前田鶏卵大寛組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ