コロナ検査キット販売 沖縄県庁近く 15日に本オープン

 
プレスリリースより

 インターネットマーケティングなどを手掛ける株式会社アシスト(沖縄県北谷町)は15日、那覇市松尾の国際通り入口「県庁北口」交差点に「新型コロナ検査センター Check in Okinawa」をグランドオープンする。新型コロナウイルスにかかっているかどうかを10分程度で調べられる「抗原検査キット」などを販売する。

 4月末で閉店した土産品店「おきなわ屋泡盛蔵スクランブル交差店」の跡地で営業する。店舗工事を進めながら7月2日からプレオープンしていた。

 「抗原検査キット」は綿棒で口腔内の粘膜細胞を採取し、専用の液と一緒にキットへ数滴置いて判別する。また、新型コロナウイルスの抗体ができているかどうかを調べる「中和抗体検査キット」の販売も行う。血液を採取してキットで判別する。両製品ともEU加盟国での安全基準を満たす「CEマーク」の認証を受けている。

 同社の担当者は、沖縄県内での感染拡大に歯止めをかけたいとの思いで「ネット販売よりも安く提供しています。沖縄のみなさんになるべく検査キットを使ってほしいです」と話している。

 営業時間は午前9時から午後7時まで。年中無休。抗原検査キットは3000円、中和抗体検査キットは5000円(いずれも税込み)で販売する。オープン記念で、抗原検査キット1000個、中和抗体検査キット500個は1000円引きで販売する。

 問い合わせは同センター、050-8881-9000まで。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告前田鶏卵国場組大寛組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ