沖縄のプロ選手 コロナ対策動画で呼び掛け「もうひと踏ん張り」

 
YouTube 沖縄県公式チャンネルより

 沖縄県を本拠地にして活動するプロスポーツチームの選手が新型コロナウイルス感染症の拡大収束に向けて、県民に対しての「沖縄県緊急共同メッセージ」として積極的なワクチン接種や複数人で集まらないことなどを動画で呼び掛けている。沖縄県の公式YouTubeや広報課Twitterなどで10日から公開している。

 サッカーJ2・FC琉球の上里一将主将は「みなさま一人一人の行動が感染者数の減少につながり、周りの方々の命を守ることになります。もうひと踏ん張り、頑張りましょう」と語り掛け、上原牧人選手はホームゲームでの無観客試合が続く中「みなさまのパワーはスタジアムまで届いています。僕らも精いっぱい頑張ります」と気持ちを一つにした。

 「コロナが収束したらみんなでスポーツを楽しみましょう」と話したのはハンドボール琉球コラソンの東江太輝主将だ。「他都道府県・離島との往来は、帰省を含めてやめてください」とお願いした。

 動画はその他、各チームのHPなどにも掲載される予定だ。

 沖縄県スポーツ振興課はHP上で「県民の皆様が一日も早くスポーツを楽しみ、選手とともに喜びを分かち合うことができる日常を取り戻すためにも、県民の皆様のご協力をお願いします」と県民に働きかけている。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ