接種率全国最下位 加速に向けた沖縄県のワクチン対策は万全か

 
沖縄県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大防止の「切り札」と位置づけられるワクチン接種。2回目の接種後に感染する「ブレークスルー感染」も多く報告されているが、発症や重症化を防ぐ上でやはりワクチンは鍵を握る。人口10万人当たりの感染者数で全国ワースト、ワクチン接種率も全国最下位にある沖縄県の現在地はどうなっているのだろうか。

接種1回目 目標達成なるか

 ワクチン接種率で全国最下位が続く沖縄県は8月11日、接種を加速化させるための「基本方針」を発表した。市町村の集団接種と個別接種、県の大規模接種、企業などの職域接種を組み合わせ、8月末までに県内人口(148万人)の5割が、10月末までに7割接種1回目を終えることを目標数値に掲げている。10月末で7割が1回目を接種していれば、11月末までには希望する全県民が2回目を完了しているとの見立てを描く。

 8月末が近づく中で、最新の接種率はどうなっているのか。沖縄県のホームページにある県内の全世代の1回目接種率と、首相官邸のホームページにあるものは、やや数字が違う。

 まず県のホームページにによると、以下の通り。

7月26日  … 1回目25.71%、2回目15.85%
8月10日  … 1回目32.79%、2回目23.09%
8月23日  … 1回目38.70%、2回目28.57%

 首相官邸が毎週月曜日に公表しているデータからは、こうなる。

7月26日  … 1回目29.90%、2回目19.20% 
8月10日  … 1回目37.03%、2回目26.62%
8月23日  … 1回目43.20%、2回目32.38%


 県と国の発表に違いがあるのは、国の数字には医療従事者らの接種人数が計上されているためだという(分母に当たる県人口はいずれも「2020年1月1日住民基本台帳」の148万1547人)。

 なお、玉城デニー知事が8月25日に発表したコメントによると、県で把握している医療従事者らの接種人数を加えた1回目接種率は、46.7%になるという。

イメージ写真

 この4週間の推移を見ると、1回目接種率は1日平均0.47ポイントずつ上昇し、沖縄県が基本方針を打ち出した8月中旬以降の伸び率もほぼ変わっていない。基本方針によって接種が加速化したとは数字上言い難く、残り1週間余りで目標の5割に達することができるか、ギリギリのところだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ