沖縄県、「全数把握」を簡略化 詳細な届け出を高齢者などに限定

 
会見で発言する玉城デニー知事=22日、沖縄県庁

 沖縄県は22日、新型コロナウイルスについて「全数把握」を見直し、来週以降は詳細な届け出の対象を▽65歳以上▽入院が必要な感染者▽重症化リスクがあり治療薬の投与などが必要な感染者▽妊婦―に限定すると決めた。対象外となった患者でも、「陽性者登録センター」に申請すれば、医療費の公費負担などの支援を受けることは可能という。

 今回の決定は、保健所や医療機関などの負担を軽減するため、26日から全国一律で詳細な届け出の対象を限定するとした政府の方針に沿ったもの。

 届け出の対象外となった場合、保健所からの連絡がなくなるほか、基本的に自宅療養となる。県庁で会見した玉城デニー知事は「『陽性者登録センター』に登録していただくことで、宿泊施設での療養や配食サービス、パルスオキシメーターの貸与、医療の公費負担など必要な支援を受けることができる」と語った。

 また、「届け出対象外の方が自宅療養中に病状が悪化した際は、かかりつけ医に相談していただくことになるが、かかりつけ医がいない場合、日中(午前9時~午後5時)は健康管理センター(電話098・866・2107)、夜間(午後5時から午前0時)は夜間相談窓口での相談を受け付ける。緊急性が高い場合は、救急(119番)に連絡してほしい」と呼び掛けた。

 県は、届け出の対象外となった場合でも、療養期間中は原則として外出を自粛するよう求めている。

 今後、県内の感染状況については、市町村や保健所ごとの感染者数を把握することはなくなるが、県全体の感染者総数や病床使用率などの確認は続けるという。

(記事・写真 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ