五輪下の東京に見るコロナと沖縄 海外メディア同行から

 

 7月下旬、都内でコンビニに入ると、耳慣れないアナウンスが流れてきた。

「東京都からのお願いです。路上での飲酒はやめてください」

 沖縄県と同様、緊急事態宣言下の東京都では夜8時にほとんどの店が閉まる。どこかで集まって酒を飲みたいけど行き場を無くした人々は、アナウンスも虚しく、コンビニなどで缶ビールや缶チューハイ、つまみなどを買っては、近くにちょっとした段差さえあればそこに座り込んで酒盛りをしている。

 基本的に20代と思われる若い人々だ。街には中高年の姿はほぼなく、8時以降に外で目にするのは、ほぼ明らかに若者の姿だけだった。今や東京都の新規感染者の約7割が30代以下だという。

 8月7日までの一週間で、東京都の人口10万人あたりの新規感染者数は195人で沖縄県の233人に次ぐ全国2位。感染者の数は連日4000人を超え、数字の大きさに対する感覚が徐々に麻痺してくるのが本音のところだ。

自衛隊東京大規模接種センター

 五輪は東京でコロナが猛威を振るう最中に開かれた。この3週間、ある海外テレビ局の五輪取材に同行するために東京に滞在していたが、その時に感じたことから東京と沖縄の感染拡大について考えてみたい。

8時閉店とは無縁の街も

 東京では、コンビニ周辺で座り込んで飲んでいるだけではない。エリアによっては、8時以降もほぼすべての店が開いていることもある。私の見た範囲内だと、上野駅や渋谷駅の一帯がそうだった。周辺の店は全部開いているのに、路上飲みを注意する警備員が歩いているちぐはぐさも垣間見える。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ