かつて琉球の人々が通った「長虹堤」を歩いてみる

 

 那覇にはかつて、海の上に敷かれた海中道路があったことをご存知だろうか。今はその姿を見ることはできないが、僅かに残る道跡を訪ね歩いてみよう。

浮島那覇と本島を結んだ海中道路

 那覇はもともと浮島という離れ島で、本島との往来には海を渡らなければならなかった。中国からの冊封使も浮島にあった天使館に滞在していたため、海を渡って首里まで通っていた。島から陸まで何十叟もの船を並べ、その上を歩いて行き来をしていたとも言われる。

 さすがにこのままでは忍びないと、第一尚氏第5代国王尚金福(しょうきんぷく)は、本島の安里から浮島までを繋げる約1kmに及ぶ海中道路を整備させた。指揮を任されたのは、龍潭を造成したことで知られる国相・懐機(かいき)だった。
 この海中道路こそ、戦前まで姿を残していた「長虹堤(ちょうこうてい)」である。

 幾人もの労働人民が命を落とし、神への祈願も頻繁に行われた、極度の難工事だったという。それだけに、道の完成後には感謝の意を認め、浮島側の終点地(現在の松山付近)に長寿宮と長寿寺を建てた。この長寿宮が後の浮島神社となる。現在でも松山のナイトクラブ街の一角には、長寿之宮という石碑が建つ不思議な空間があり、長寿宮の跡地だと思われる。

沖縄一の繁華街にたたずむ「長寿の宮」

 長虹堤が敷かれたことで、浮島には久米村だけでなく日本人街も出来上がり、どんどんと栄えていくことになる。ただ、長虹堤という名称は、浮道が通った際に付いた名ではなく、後に冊封使節団の一人であった胡靖(こせい)が「まるで長い虹のような堤だ」と例えたことからそう呼ばれるようになった。

 現在は道周辺も埋め立てられて陸地化し、当時の姿を見ることはできない。だが、実際に現場を歩くと僅かな名残が顔を出す。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ