琉球の川シリーズ① 琉球きっての政治家「蔡温」と「安里川」

 

 

 時代や景色は大きく変化しても、古から止まることなく流れ続ける川。その川に沿って歴史を辿ってみると、思いがけない発見が実はたくさんあるものだ。今回は、琉球時代から重要視されてきたいくつかの「川」をピックアップしてお届けしよう。最後にはこれらが一つに繋がるサプライズも!

 興味を持ってくれた方はぜひ、コラムを読んだ後にでも実際に自分の足で各スポットを訪れて、その空気を感じて欲しいと思う。それではまずのシリーズ第一弾として、こちらからお届けしよう。

 15〜16世紀の琉球において、政治・経済・土木・風水などあらゆる面で大活躍をした偉人「蔡温」。21世紀の現在においてもなお、蔡温は県民の間で大きくその名を知られており、蔡温に敬意を評し「蔡温」と名の付く施設や建造物がいくつもある。

 代表的なもので言えば、やはり那覇国際通りの安里に位置する「さいおんスクエア」であろう。

世界最大のシーサー さいおんスクエア

 ゆいレール牧志駅直結の商業施設である「さいおんスクエア」、宿泊施設も入っていれば建物前には様々な催しが行われる駅前広場があったり、巨大ハーリーの形をしたベンチなどもあって行き交う人を楽しませてくれる。施設内には牧志公民館や牧志図書館も入居。さらに、以前には久茂地公民館で見ることが出来たプラネタリウムもバージョンアップして導入され、週末を中心に投影会、定期的な無料投影会も行われている。

 現在はこのようなコロナ状況で一時閉館となっているが、興味のある方はコロナが落ち着いた頃にぜひ、ホームページをチェックして遊びに行ってみて欲しい。

 さらにもう一つ、こちらのさいおんスクエアの見所と言えば、巨大な「うふシーサー」および、その背後に伸びる近代感溢れる安里川親水公園だ。

 このうふシーサー、焼物としては世界最大のシーサーだ。4トン以上の粘土を使用し、高さ3.4メートルにも達する。壺屋焼300年の伝統を受け継ぐ陶工たちが、街の守り神となるよう、国際通りの守り神となるよう、そして県民をはじめ、訪れる人全てを見守るためにその技を結集し制作したものだと。シーサーが抱える毬からは、下水を高度処理した再生水が溢れ流れている。

 そしてシーサー背後の安里川親水公園。この公園が完成した時には、県民ながらに驚いたものだ。まずなんといってもカッコいい!川をこれだけ近代的にフューチャーした商業施設は、沖縄にはこれまでまず無かっただろう。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ