コロナ禍、音楽でつながりを 沖縄とアジアを結ぶ旧正月音楽フェス

 
As Alliance

 2月12日の旧暦の元旦「ソーグヮチ(旧正月)」に合わせ、沖縄を始めとして北京、マカオ、台湾、韓国といったアジア各国のアーティストが出演した音楽フェスティバル「LEQUIOS LUNAR NEW YEAR FESTIVAL」(主催:自由惑星音楽株式会社)が那覇市のOkinawa Cyber-Box、沖縄 福州園、東京都のBASS ON TOPを会場に開催された。
 ライブは新型コロナウイルス感染の状況を踏まえて完全無観客で行われ、オンライン配信で行われた。出演者はそれぞれの音と言葉を響かせながら、厳しいコロナ禍を過ごす人たちへエールを送り、音楽でのつながりを体現した。

 ライブの様子はYouTubeで2月21日までアーカイブ配信されており、無料で視聴できる。

旧暦の節目にイベント開催

 フェスのタイトルにもなっている「LEQUIOS」は“琉球の民”の意味。かつてアジアとの交流を盛んにしていた琉球になぞらえ、音楽を通じて世界を結んでいくことがコンセプトの1つだ。

 沖縄から喜納昌吉、As Alliance、YAASUU、春翠、メカルジン、THE WARSMANS、RYUKYU IDOL、OBP、signal、Shingo Break timeが出演。海外からのスペシャルゲストとして。Cancer Game(マカオ)、BIKE(台湾)、Story Seller(韓国)、Live Yu Bin(韓国)、Jung Heum Band(韓国)が名を連ねた。海外の出演者は、それぞれ現地から寄せられたVTRコメントとライブ映像やミュージックビデオなどを配信した。

 2020年の年末には、同様の趣旨で沖縄市のミュージックタウン音市場でカウントダウンイベントを開催した。沖縄や東アジア各国で共通する旧暦の節目に合わせて今後もイベントを開く予定で、次回は祖先供養の祭り「シーミー(清明祭)」に合わせて4月4日に開催する。

RYUKYU IDOL
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ