沖縄伝統の木造船「サバニ」 最年少職人が文化を繋ぎ続ける理由

 

 琉球王朝時代の丸木舟にルーツを持ち、現代まで脈々と受け継がれている、木造帆掛け船のサバニ。一時期の需要の低下で職人の高齢化が進むなか、自らのルーツである大宜味村に移り住み、金属を一切使わない工法で造船をしているのがヘントナサバニの邊土名徹平さんだ。まだ30代で県内最年少の職人が「木造サバニを作ることは文化を繋ぐことになる」と語るその想いとは。

サバニに一目惚れ「美しい船だ」

 邊土名さんは、石垣島の旅行会社に勤めている時に、海にたたずむサバニの姿に一目惚れ。これが全てのきっかけだった。

「サバニを造ってツアーをやっている人がいる、という話を聞いて出向きました。サバニが海に浮かぶ姿を見て『一生をかけてサバニに携わりたい』と直感的に感じました。そして、隣にはそれを造った人が立っている。自分の立場を全て忘れて『造ってみたいです』との言葉が口をついて出ていました。すると、『造れると思うか?』と訊かれて『はい』と答えたのを今でも覚えています。それがのちの師匠との出会いでした」

 その約1年後に当時勤めていた会社を退職した邊土名さん。33歳で吉田サバニ造船の吉田友厚代表に師事しサバニ造りを学び、その後の拠点に先祖代々の父方の地元である大宜味村を選ぶ。サバニの歴史と自身のルーツをさかのぼり、交差する風景がかつての塩屋湾にあった。

 大宜味村の塩屋湾を周回する道のりは約10キロでありながら『那覇から名護よりも遠く感じる』と、かつて言われていたほど険しい山道だった。そのため、海上を行く木造の渡し舟は人々の暮らしに欠かせない存在で、漁船や運搬船としても利用されていた。

「(現在の国道58号の一部でもある)塩屋大橋ができる前は、塩屋湾を渡るための舟がありましたが、夕方には運行が終わってしまっていたそうです。それ以降に海を渡りたい人は、岸から大声で叫ぶと、向こう岸にいる誰かしらが自前のサバニを出してくれたそうなんですね。いかにサバニが人々の生活に密着していたか、助け合いの心があったかが分かる素敵なエピソードだと思います」

どうやって作る?木造サバニの工法

 素材は宮崎県の飫肥杉(おびすぎ)。木材同士を接合する際、金属の釘などを使わずに、木製のチギリ(フンドー)や竹製の釘を用いるという特徴がある。

①サバニの側面の部分となる板を切り出す。幅の足りない部分は板同士を接合する。
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ