五輪下の東京に見るコロナと沖縄 海外メディア同行から

 
渋谷区某所のパーティー会場

 取材カメラが上野の様子を捉えようとすると、映り込むことを嫌がる素振りを見せる人々も少なくなかった。インタビューを試みる際には、海外メディアなので日本では放送されないことを告げたものの「どこで誰に見られるか分からない」と断られることも多かった。実際には、海外のテレビで知り合いに見られるより、上野の街で知り合いに見られる可能性の方が高い。それほど人々は、外でのお酒を我慢できなくなっているのだろう。

「バブル」の穴を実感

 この東京オリンピック開催期間中、話題に上ったのが「大会関係者の感染拡大防止」だ。政府は「バブル方式」として選手や関係者の移動先を選手村と試合会場に限定するなどの対策を出したが、結局のところ、期間中の大会関係者の感染者数は436人で、そのうち29人が選手だったとの報道もあった。

東京オリンピック・パラリンピックの選手村

 このバブルが完全に機能していないという感触は私にも実感としてあった。

 今回私が同行した取材クルーは、ワクチン接種やPCR検査などで五重にもわたるプロセスを経て来日していた。日々の唾液抗原検査も欠かさず続け、入国後2週間は公共交通機関を使えずにタクシーを使って移動していたので、1回の料金が2万円以上になることもあった。厳密にはタクシーは公共交通という枠組みなので、その時だけはハイヤーという扱いで取り決めがされており、一回一回の消毒が施されることになっていた。飲食店にも入れないため、食事はいつもコンビニかスーパー、テイクアウトだった。

 ただ問題は、これに準じるほどのレベルで対応する選手や関係者がどれぐらいいるのか、という点に尽きると思う。ワクチン接種は義務ではなく、陰性証明だけを持って入国する人もおり、最終的には「モラル」に頼るしかなくなってくるのではないか、と思うようにもなった。

 しかし、想像してみてほしい。外国で、しかもオリンピックという祭典で、何千何万という関係者が規律を守れるのか、と。絶対にウキウキするに決まっている。バレたら母国で名前ごと報道されるであろう選手ですら、選手村を抜け出して外でビールを買って処分されているのだ。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1

2

3

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ