県「さらに強い対策も」 まん延防止措置には慎重

 

 新型コロナウイルス感染症に関連して7日、県内で過去2番目に多い155人の新規感染が確認されたのを受け、玉城デニー知事は県庁で会見し、「8日、9日の状況によっては、さらに強い対策を検討しなければならないのではないか」と述べて危機感をあらわにした。一方で、「まん延防止措置」の申請については引き続き慎重な姿勢を示した。

 3月中旬以降の感染拡大を踏まえ、県は1日から沖縄本島中南部の20市町村で飲食店などを対象に午後9時までの営業時間の短縮要請を実施。ただ、7日も155人のうち150人が中南部地区での判明となるなど、同地区での感染拡大は収まっていない状況が続いている。

 これまで、県内で1日当たりの感染者数が最も多かったのは昨年8月9日の156人。ただ、同日は県内最大の繁華街である松山地区の集団検査で70人の感染が判明していることを考えれば、今回の155人は実質的に過去最多ともいえる。

 ただ、1人の陽性者から何人に感染が広がったかを示す実効再生産数は、沖縄本島で2.14(3月22日~28日)から1.35(同29日~4月3日)に低下した。推定感染源が飲食関係の感染者数も減少に転じている。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監は7日、新規感染者数について「土曜日(10日)くらいまでで徐々に下降していくのではないかと思っている」と述べたが、ピークの時期については「まだ分からない」とも語った。

県「状況を見極めたい」

 今後の見通しが現状で不透明な中、県の判断も揺れている。7日の会見で、玉城知事は「一段と強い警戒心を持って、より県民の理解と協力がなければ、この(感染者)数は食い止められない」と強調する一方で、「まん延防止措置」については慎重姿勢を崩さなかった。

 記者団から出た「まん延防止措置を申請しないのは、ゴールデンウィークにかかってしまうことが理由なのかと思う」との指摘に対し、玉城知事は「申請しない理由はないが、状況を見極めたいというのが正直な感想。同措置は行動や移動の自粛を伴い、県経済にどのような影響を与えるかは言わずもがなだ」と強調した。

 また、「より強い措置というのは、時短をさらに1時間早めてもらうとか、午後8時、9時以降の飲み会を控えてもらうとか、まん延防止措置とは違う、県からお願いする県民の皆さんへの取り組み、一段強い警戒態勢と受け止めていただけるような、そういうお願いが必要であると想定している」とも述べた。

 県は、時短要請を行っている飲食店など約9000店舗を巡回して感染対策の徹底を呼び掛けるほか、宮古・石垣の空港でも希望者を対象にPCR検査を実施する方針も示している。

(記事・写真・図 宮古毎日新聞)

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  街を歩けばそこかしこで目に入るオリオンビールの提灯。三線、海ブドウ、泡盛にゴーヤチャンプ…
  2.  『花~すべての人の心に花を~』や『ハイサイおじさん』などで知られる、沖縄を代表する音楽家…
  3.  「すべての武器を楽器に」―。1974年に米国ワシントンD.C.でのコンサートで口を突いて…
  4.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  5.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組琉球海運_広告前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  菅政権が2050年までに地球温暖化ガスの排出量をゼロにする、いわゆる「カーボンニュートラ…
  2.  6月1日、県は2022年度から10年間の振興のあり方を決める次期沖縄振興計画の素案を公表…
  3.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ