【那覇市長選】平仲信明氏が出馬断念 尊敬する父の死を受け「喪に服す」

 
平仲信明氏(3月撮影)

 10月23日に投開票される那覇市長選に出馬の意向を表明していた元ボクシング世界王者で会社代表の平仲信明氏(58)が、出馬を辞退すると発表した。9月22日にマスコミ各社に対して本人名義の文書で明らかにした。

出馬断念「大変申し訳ない」

 9月13日に父の信一氏が他界したことを受けて「尊敬してやまない父の死が、日に日に私の心に重くのしかかり、その意味を自らに問いかけ、考えに考えを重ねた結果、選挙戦よりも喪に服すべきと判断いたしました」と思いをつづった。出馬断念の決断に対しては「注目していただいた皆様に対して、大変申し訳なく思っているところでございます」とした。

 文書中で平仲氏は、当初の出馬理由について「一部企業の利権の為ではなく、市民の為に少しでも市政を変えたいとの思い」だと改めて触れた上で、自身の思いとして「市民の皆様には『しがらみのないクリーンな市政』『市民のための市政』を公正公平な立場で取り組むことができる候補者を選んでいただきたい」と要望した。

たびたび語っていた父への敬意

 平仲氏は9月14日に行った出馬会見で「しがらみを断ち切るため、特定の政党の支援は受けない」と無所属の立場で臨むことを強調していた。一方で、ことし5月に、自民党沖縄県連らが県知事選に擁立する候補者を決める公開演説会に平仲氏も参加・登壇していたことなどから、那覇市長選に平仲氏が出馬することで、保守側からは票割れの懸念も出ていた。

 平仲氏自身は、保守系候補を一本化する動きが出た場合には、応じないという姿勢を見せていた。

 5月の公開演説会で平仲氏は、父親が傷痍軍人で身体に障害を持っていたことに触れつつ「その中で実家では800頭の豚を養っていた。僕は親父の背中を見ながら育ってきた」と述べるなど、ことあるごとに父・信一氏への敬意を語る場面も見られた。

 那覇市長選にはこれまでに、自民党県連が擁立を決めた前那覇副市長の知念覚氏(58)と、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する「オール沖縄」勢力が擁立を決定した前県議の翁長雄治氏(35)の2人が出馬に前向きな姿勢を示している。

平仲信明(ひらなか・のぶあき)

1963年11月14日生まれ。具志頭村(現八重瀬町)出身。日本大学農獣医学部卒。1984年のロサンゼルス五輪にボクシングウェルター級で出場。92年にはWBA世界ジュニアウェルター級王座を獲得。2003年に株式会社MUGENを設立、社長を務める。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ