どうして違う? 本土のお盆と沖縄の「旧盆」

 
旧盆のお供物が並ぶ仏壇

 今年もお盆が近付いてきた。

 沖縄と本土では、お盆の時期がずれているのを皆さんもご存知だろう。本土のお盆休みは8月の13日から15日が定例だ。それに対して、沖縄のお盆は旧暦行事となるため毎年異なった日付となり、8月の年もあれば9月の年もある。9月の平日に当たってしまうと、学校の夏休みも終わっており、子供も親もお盆を十分に満喫できないこともあるのだ。しかし地域によっては、特例でウークイだけ学校を休みにしてくれたりもする。
 なぜ、同じ日本、同じ行事なのに開催時期が異なっているのか? 沖縄と本土のお盆の違い、お盆とはそもそも何なのかを調べてみよう。

暦の切り替えと旧暦行事

 もともとは日本本土も陰暦、いわゆる「旧暦」で生活をしてきた。しかし明治期以降に欧米文化が大きく取り入れられ、暦も西洋に合わせた太陽暦、いわゆる「新暦」へと切り替わっていった。また日本には、古来より先祖の御霊を祀る文化があり、陰暦に従って年に二回そのための行事が行われてきたという。

 一つは、後に先祖の御霊を神格化させ「年神様」として家々へ迎え入れるお正月祭りへと発展した。
 もう一つがお盆だ。「盂蘭盆(うらぼん)」と呼ばれる先祖供養の仏教行事と「中元」と呼ばれる死者の罪を赦す道教行事が起源とされ、双方が融合し日本独自のお盆へと発展していったのである。その期間が7月13日から15日までだったとされ、かつては本土でも7月13日から15日がお盆だった(現在もこの時期に行う地域もある)。

 正月とお盆、沖縄においては「旧正月」「旧盆」という言葉が日常的に使われており、ともに今でも旧暦を重んじる最たる行事である。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ