どうして違う? 本土のお盆と沖縄の「旧盆」

 
旧盆のお供物が並ぶ仏壇

 今年もお盆が近付いてきた。

 沖縄と本土では、お盆の時期がずれているのを皆さんもご存知だろう。本土のお盆休みは8月の13日から15日が定例だ。それに対して、沖縄のお盆は旧暦行事となるため毎年異なった日付となり、8月の年もあれば9月の年もある。9月の平日に当たってしまうと、学校の夏休みも終わっており、子供も親もお盆を十分に満喫できないこともあるのだ。しかし地域によっては、特例でウークイだけ学校を休みにしてくれたりもする。
 なぜ、同じ日本、同じ行事なのに開催時期が異なっているのか? 沖縄と本土のお盆の違い、お盆とはそもそも何なのかを調べてみよう。

暦の切り替えと旧暦行事

 もともとは日本本土も陰暦、いわゆる「旧暦」で生活をしてきた。しかし明治期以降に欧米文化が大きく取り入れられ、暦も西洋に合わせた太陽暦、いわゆる「新暦」へと切り替わっていった。また日本には、古来より先祖の御霊を祀る文化があり、陰暦に従って年に二回そのための行事が行われてきたという。

 一つは、後に先祖の御霊を神格化させ「年神様」として家々へ迎え入れるお正月祭りへと発展した。
 もう一つがお盆だ。「盂蘭盆(うらぼん)」と呼ばれる先祖供養の仏教行事と「中元」と呼ばれる死者の罪を赦す道教行事が起源とされ、双方が融合し日本独自のお盆へと発展していったのである。その期間が7月13日から15日までだったとされ、かつては本土でも7月13日から15日がお盆だった(現在もこの時期に行う地域もある)。

 正月とお盆、沖縄においては「旧正月」「旧盆」という言葉が日常的に使われており、ともに今でも旧暦を重んじる最たる行事である。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ