在沖縄ネパール人と自動車整備業界 目指すWin-Winな関係

 

 沖縄県内に住むネパール人留学生や在職者向けに、在留資格「特定技能」の自動車整備分野で資格取得を目指してもらおうと、行政書士やネパール人経営者らが一丸となって講座を立ち上げ、共に合格を目指している。在沖ネパール人は観光や国際ビジネス関係の専門学校を卒業している場合が多いため、ビザの関係上、ホテルやレンタカー会社など働ける職種が限られており、コロナ禍で職を失っても日本人のように他の職種で仕事を探し直すことができない。
 6月7日から8月14日の毎週土曜、那覇市牧志のネパール料理店「エベレストカレー」の一室を教室にして講座を開いている。受講者らは早ければ14日にも合否が判明し、現場での活躍に向けて業界関係者からも期待の声が挙がる。

限定される職種で難しいコロナ禍回避

 「日本人は仕事を選べますが、彼らは選べません」と話すのは、Japan & Asia Biz Support 行政書士事務所(沖縄県宜野湾市)の比屋根拓代表だ。多くのネパール人が観光関係の就労ビザで働いていることから「コロナの影響で観光関係の仕事が減って、彼らは袋小路にはまっています」と実情を説明する。

 「母国では社会学を修めていたり数学教師をしていたりで割と高キャリアの人も多いのですが、日本で働くためのビザを取るために観光や国際ビジネスの専門学校に進んでいるというのが正直な流れです」。行政書士として業務に携わる中で、外国人の就職分野が極端に限定されている現状を、ずっとそばで見続けてきた。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ