オミクロン株急拡大 沖縄県の飲食店規制に不満続出

 
沖縄県庁

 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染が急速に拡大し、沖縄県内は1月9日からまん延防止等重点措置(重点措置)の適用期間に入った。

 飲食店は再び営業時間の短縮を強いられることになったが、沖縄県が示した方針をめぐって不満が続出している。感染防止対策を講じている「認証店」よりも、そうではない「非認証店」のほうが協力金が高く設定されているためだ。同じく重点措置の対象となった山口、広島県では酒類の提供を一律停止したが、沖縄県ではこれを認めるという違いも生じている。

 31日までの重点措置期間中に、感染をうまく封じ込めることはできるのだろうか。

「せっかく認証店になったのに」


 重点措置に入り、県の要請に従って営業時間を短縮したり休業したりした飲食店には協力金が支給されるが、酒類提供の可否や営業時間、協力金の額については、県の感染防止対策基準を満たした認証店か非認証店かによって区別される。

 認証店については酒類提供が可能で、営業時間は午後9時まで。支給される協力金は、売り上げに応じて1日あたり2万5千円~7万5千円だ。一方、非認証店は酒類提供ができず、営業時間も午後8時までと認証店より1時間短い。ただ、支給される協力金は1日あたり3~10万円と、認証店より高く設定されている。

 協力金の支給額は国の交付金が財源で、国の通知に基づくものだが、認証店と非認証店の間に違いがあることから、飲食店従事者からは「県の基準に従って感染防止対策をとっているのに、認証店のほうが協力金が低いのは納得できない」との不満が噴出している。読谷村で居酒屋を経営する男性(38)は「せっかく手間ひまかけて、アクリル板を設置したり検温器を購入したりしたのに、この対応はおかしい。認証店を取り消してもらおうと思っている」と話す。

 実際、県の方針案が報じられた6日以降、協力金が低いことを理由に認証店を辞退する動きが相次いでいる。報道によると、8日時点で認証店の返上に関する問い合わせが100件以上寄せられた。県はホームページに「認証店の辞退を希望される事業者の方へ」との案内を設け、14日までの連絡を呼び掛けている。

沖縄県のホームページより
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ