働き方2.0芸人ニッキー①働き方に「正解」などない!

 

 ハイサイ!沖縄とアメリカのハーフ、島ハーフ芸人のニッキーです。そして、始まりました僕の新コラム。テーマが「フリーランス」です。
 これまで「英語」をテーマにコラムを書いておりましたが、ここでテーマを変え、また新しい角度でみんなに役立つ情報をお伝えしたいと思います!

なぜフリーランス?

ライブでネタをするニッキー

 ここで、皆さんは疑問に感じているでしょう。「なぜフリーランスをテーマに?」という質問にお答えしたいと思います。

 僕は沖縄で2021年からフリーランスのお笑い芸人として活動しておりますが、このフリーランスという働き方がもっとメジャーなものになっていくんじゃないかと思っています。
 タレントであれば事務所所属、社員であれば会社所属。これが、今の日本で最も一般的な働き方です。フリーランスは少数派だと思っています。

 働き方の改革が進んでいる中、会社員だけでなく、タレントの働き方も改革が必要なんじゃないかと感じていました。もっと自由に、自分に合った、そして社会に自分のスキルを使って還元できる働き方を模索するために、僕が選んだ働き方がフリーランスでした。
 僕が選んだ、お笑い芸人でフリーランスとして沖縄ローカルを活動の拠点にするという働き方は、僕にとってのチャレンジなのです。

 このコラムがフリーランスという働き方を既にしている方、新しい自分に合った働き方を探している方の知識や力になると信じています。そして沖縄ローカルという環境で活動しているタレントという角度でコラムを書いていきたいと思っています。

どっちが儲かる?

ボランティアで英語を教えるニッキー

 フリーランスについて話をしていきたいんですが、よく聞かれる質問で、きっと皆さんも今聞きたくてうずうずしてるであろう質問。
「で、事務所よりフリーランスがいいの?」
 はい、わかってます。聞こうとしていることは。「儲かってんの?」のオブラートに包んだ言い方ですよね?(笑)
 はい、実際問題、あの有名なCMでも繰り返しリピートするぐらいお金は大事です。初っ端からこんなに話しちゃいます。

 ですが、金銭的な目線だけでない形で、お話を進めていきたいと思います。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ