沖縄県名護市で8日間移住体験の参加者募集 住居など無料

 
株式会社SAGOJOのプレスリリースより

 コロナ禍でさらに注目度が加速した、多拠点生活やアドレスホッパーという生活スタイル。沖縄県名護市でコミュニティーパーク「cocnova」の運営などを手掛ける株式会社Social Designら3社は、同市で7月26日から8月2日に行われる「移住/多拠点生活 体験プログラム in沖縄名護」への参加者を募集している。滞在施設やレンタカーは無料提供される。募集人数は3人で、応募締め切りは6月27日まで。

 実施主体はSocial Designの他、地域課題と旅人をマッチングするサイトを運営する株式会社SAGOJO(東京都)と、住まいのサブスクリプションサービス「ADDress」を運営する株式会社アドレス(同)。お互いの強みを持ち寄り「仕事」「滞在場所」「体験」を支援する。

 「観光ではない “暮らすような地域滞在”」を通して、名護市への移住・多拠点生活の促進や関係人口の増加へつなげる。参加者は「ADDress」のHP内記事コンテンツ向けに滞在中の様子を執筆する。

 「流木ワークショップ」「ミュージックナイト」など、各種体験やワークショップのメニューも豊富に用意されている。

名護市街

 名護市は沖縄本島北部地域の中心都市で、人口約6万4000人。商業施設などが多くある一方で、美しい海のみならず亜熱帯の森が広がる自然も大きな魅力となっている。

 応募はhttps://www.sagojo.link/jobs/978まで。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ