働き方2.0芸人ニッキー⑩最終回!フリーランスの明るい未来

 

 ハイサイ!沖縄とアメリカのハーフ、島ハーフ芸人のニッキーです!フリーランスをテーマにした僕のコラム。今日もフリーランスの皆様に役立つ情報をお伝えしたいと思います。

 今日もみんなにフリーランスについてシェアしようと思っているんですが。その前に皆様にお伝えしないといけないことがあります。実は今回で僕がHUB沖縄で書くコラムが最後になります。
 大丈夫!安心してください。僕が何かいけない事をやらかしたわけではないですよ。大人の事情っていうものがあるんです。察してみてください。
 いろんな業界の方から、とても勉強になると良い記事だと言われ、個人的には好評を頂いてたコラムだと信じています。ただしつこいですが、大人の事情ってあるんです、察してください。
 すみません、しんみりな雰囲気になってしまいましたね。

 ここからは1年間フリーランスについて研究した僕が思う「フリーランスのこれからの働き方」、そして「フリーランスの明るい未来」について話したいと思います。
 フリーランスな働き方は良い面も悪い面も確かにあります。ですが、今回は最終回です。最後ぐらいは明るくフリーランスの良さを思いっきり伝えます!

フリーランスは個人商店!?

 これからフリーランスの働き方はどんどんやりやすくなってくると思います。それは何故か。個人が強くなっていくからだと僕は考えています。

 先日面白い話を聞きました。個人商店の活気が溢れていると。それは、SNSのさらなる普及そしてネットマーケティングがしやすくなったことが理由だということでした。
 これまでは大手のチェーン店が強かったです。みんながどこにご飯を食べに行くかと考えた時、従来はわかりやすい場所にお店が立っているチェーン店や、テレビや大手メディアなどでガンガン告知ができるチェーン店にみんな行っていました。

 これまでは消費者が一方的に情報を受け取るような形でした。でもこれが変わりました。
 皆様も心当たりがあると思いますが、お店を探す時どのようにお店を探しますか?ネットで、行きたいエリアそしてお店のジャンルを検索すると思います。そしてインスタグラムをよく使っている方はインスタグラムでおしゃれなお店を検索し、そのお店の写真を見てそこに行きたいと思う。

 「消費者が自ら検索してそのお店に行く」、すなわち情報を受けとる側から情報を自ら探してそこに行く形になっています。
 SNSを活用した個人経営のカフェやレストランの活気が溢れてきているんです。いや、自然とそういう時代の流れになっています。

 これがいろんな業態の仕事でも起きています。

 例えばお笑い芸人で言うと面白い芸人をYouTubeやTikTokで見たりしてイベントに呼ぶ。歌手でもYouTubeで検索して歌が上手な方のファンになる。他の仕事もそうです。消費者とサービス提供者をつなぐサイトをきっかけにして、その人の実績を見て仕事を依頼する。

 実際僕もSNSで仕事の依頼をよく受けます。そういう面でもフリーランスはとても仕事がしやすい社会になると思います。

 確かに大手企業も、SNSやネットで情報をどんどん配信することができます。何ならお金をいっぱい使ってクオリティーが高い情報を配信することができます。

 ですがここでもフリーランスの強みがあります。それはスピードです。

 大手の場合、1つの物事を決断するのに中間管理の方を通し、さらに上の方を通し、ざらに数週間かかることがあります。数カ月かかることもあります。

 一方、フリーランスの場合は秒速で決定し秒速で行動に移すことができます。スピードは強みです。フリーランスはスピード感を持って柔軟に動くことができます。万が一失敗をしたとしてもすぐリカバリーできる、大手よりは。

あえて成長しない!?

 そしてここでもう一つ面白い発想をお伝えしたいと思います。それはあえて成長しないという決断です。

 ここで「成長しない」といっても仕事の技術やスキルで成長しないという意味ではありません。これはビジネス面で納得がいくラインを決めるということです。多くの方の考えと反する可能性はありますが、1つのアイディアとしてこういう発想もあると聞いてもらえたら嬉しいです。

 例えば、会社は成長しないといけない。より会社を大きくしてより従業員を増やし、より仕事を増やす。これが本来の成長する会社の形です。しかし、会社だと売り上げが上がるとより経費がかさむことが多いです。従業員を増やし、設備投資し、新しいビジネスを始め、より売り上げを上げる。

 ですが個人の小さいビジネスだと経費をかけずにあえて成長を止め、働くことができます。コストを抑えられることこそが、フリーランスの強みの一つでもあります。

 簡単に説明します。仮に、1つの案件が10万円だとします。次に2つの案件で売り上げが20万円。沖縄で単身が生活するには出費が高くない限り20万円は十分な金額だと思います。ですがここでマネージャーを1人雇ったとしましょう。その場合、1人分の給料を払うためにさらに仕事を増やさないといけない。さらに2つ案件を増やさないといけない。月に4回仕事をしないといけない。さらに、経理を雇ったり従業員を増やすとまた2つ仕事を増やさないといけない月に6回仕事をしないといけない。

 すっごく簡単に説明しましたが、成長を望まないビジネスモデルだと月に2回仕事をしてゆっくり生活する形を取れます。

 これが僕が提案するあえて成長しないビジネスモデル。人の欲求は底がないです。自分の幸せな働き方を決めて、それに基づき働くのも1つ方法だと思います。

これからの「フリーランスニッキー」の目標

 これが僕が提案するフリーランスの明るい未来です。もし暗い未来になっていたら、すんません!!(他人事)

 まだたくさん話したい事はありますが、どうしても文字数の制限がありますので。はい、大人の事情があるんです。

 最後に僕のこれからの目標をお伝えしたいと思います。

 それは、お笑い芸人そしてタレントそしてビジネスマンとして芸やスキルを高めるのはもちろんのこと、沖縄にいながらそれをやることです。「いつか東京で!」はローカル芸能人あるあるですが、僕はあえてローカルにいたい。沖縄にいたい。何より東京に行ったら僕は3日間でホームシックになってしまうみたいで(笑)この前東京に行った時なんて2日目にはビギンを聴いて1人で東京の駅でウルウルしていました。

 沖縄をベースにしながら、東京や世界でも活動したい。そしてそれが実現できることを示したい。

 僕のSNSなどをチェックしていただいたらわかると思うんですが、去年からフリーランスになってそれが現実化しています。沖縄にいながら県外の案件も確実に増えています。

 沖縄を!そしてローカルから日本を元気にしたい!それが今僕が頑張っていることです。使命感も感じています。これからもぜひ応援していただけますと幸いです。

 そしてHUB沖縄でのフリーランスの記事を読んでいただいた皆さま、HUB沖縄の皆様にも感謝の気持ちを伝えたいです。本当にありがとうございます。
 これからも他のSNSなどでどんどん情報を配信していきますのでお楽しみに!

 皆さんの働き方に幸あれ!Thank you!

Print Friendly, PDF & Email

ニッキー

投稿者記事一覧

沖縄とアメリカのハーフの「島ハーフ芸人」。
ハワイ生まれ沖縄育ち。インターナショナルスクールで学んだ英語力を生かしながら、お笑い芸人として活動する。
司会、モデル、ものまね、学校を回っての英語レッスンなど、メディアにも出演しながらマルチに活躍中。芸を磨くために沖縄と東京を行き来しており、ゆくゆくはワールドワイドに活動するのが目標。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. センバツ出場を決め、報道陣を前にガッツポーズを見せる沖縄尚学のメンバー=1月27日、那覇市国場の沖…
  2.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  3. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  4.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  5.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ