働き方2.0芸人ニッキー⑤マルチタレント嘉数ゆりさん対談

 

 ハイサイ!沖縄とアメリカのハーフ島ハーフ芸人のニッキーです!

 フリーランスをテーマにしたこちらのコラム。今回のインタビューシリーズのゲストは、今沖縄で大人気のマルチタレント・嘉数ゆりさんです。3年前からフリーランスとして仕事をしている嘉数さんに、女性そして母親視点でもお話を聞きました!

 嘉数ゆりさんは17歳の時に歌手としての活動を始めるうちに、モデルとしての仕事も増え事務所に所属。現在はフリーランスとして独立し、沖縄の人気テレビ番組「アゲアゲめし」(OTV)や「ウィン♪ウィン♪」(同)などテレビやラジオにも多く出演しています。他にも、司会業やコラム執筆などマルチな活躍を見せています。

独立のメリットは人間関係にも

テレビ収録に臨む嘉数ゆりさん(本人提供、以下同)

ニッキー:今日はお時間ありがとうございます。よろしくお願いします!ゆりさんはもう売れっ子ですよねー。

嘉数ゆり(以下:嘉数):いえいえー、ありがたいことにお仕事いただいています。こちらこそよろしくお願いします。

ニッキー:ゆりさんは最初、事務所に所属していましたよね?フリーランスになったきっかけは?

嘉数:フリーランスとして独立したのは3年前です。マネジメントも自分でやってみたい、事務所を離れて独立してチャレンジしたい、という気持ちが強かったんです。

ニッキー:フリーになって大変でしたか?

嘉数:大変でした!経理とか交渉とかスケジュール管理とか。今まで全部お願いしてたことを、いざ責任を持って自分でやるってなったときはやっぱり大変だなって思いました。特に出演料の交渉や契約内容の確認です。すべて個人で交わすので管理も多くなりますね。

ZOOMでの取材風景

ニッキー:独立しての大変さはありますよね。逆にメリットは何だと思います?

嘉数:メリットは、事務所を通さない分、依頼に対してのお返事を早く返せることです。私もすぐ確認できるっていうのはすごくありがたいです。たくさんの人に出会えるので信頼関係を築くことができる。仕事をする相手との距離が近づきました。

ニッキー:やっぱりレスポンスをすぐ返せるのはいいですか?

嘉数:レスポンスが早いとすぐに対応ができるのでありがたいです。スケジュール調整ももちろん女性タレントは特に、やることが多いんです。それこそ美に時間をかけなきゃいけない(笑)時間が空いたら撮影にむけて肌のケアやトレーニングに行ったりとか。

ニッキー:そっかー、女性のタレントはそのケアもあるんですね。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ