「不登校でも道は拓ける」 居場所が社会に接点 ちゅらゆい

 

 沖縄県によると2019年度における不登校の児童生徒数は昨年から181人増の4630人で、最多を更新した。そんな中、NPO法人沖縄青少年自立援助センターちゅらゆい(那覇市、金城隆一代表)は、国が推し進める子どもの貧困対策の事業の一環で、不登校や引きこもりの子どもや若者を支援する施設「kukulu(くくる)」を那覇市とうるま市で運営している。学校よりも社会通念や人目を気にせずに、気軽に行ける居場所を提供することで、他者とのコミュニケーションや学習支援などを通して“社会との接点”を持ち続けることができる。さらには、学校以外への“登校”も一部出席扱いに換算できることで、従来なら出席日数不足で進路の断念をせざるを得なかった子どもたちにも将来が拓ける環境づくりが進んでいる。

学校以外の居場所 出席日数にカウントも

 うるま市の「うるまkukulu」は2020年10月で開所1年を迎えた。定員は30人だ。同施設の事業統括で社会福祉士の屋部千明さんが「定員は開所してからすぐに埋まりました。待機している人もいます」と話すように、そのニーズは高い。

「うるまkukulu」の事業統括・屋部千明さん=12月、うるま市の同施設

 学校でのトラブルや家庭の変化などで不登校になってしまった子の環境によっては、そのまま家に居続けて引きこもりになってしまうこともある。ここに行けば友人がいて、好きなことができる、という場所を用意して、本人や家族を支えている。
 「不登校のため、中3で卒業を控えている段階でもこのまま進路が決まっていないという子が、kukuluを利用し始めるケースが多いです。中にはどうにか通信制や定時制の高校などに進路を決める子もいますが、なかなかすぐに決まらない子もいるので、卒業後もkukuluで過ごしてもらっています」と屋部さん。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  8月25日告示、9月11日投開票の沖縄県知事選挙まで、残り1カ月となった。米軍普天間飛行…
  2.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  3.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  4.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  5.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ