ノーベル賞教授も惹き付けるOISTを知るチャンス!11月12日にサイエンスフェスタ

 
(OIST提供)

 沖縄科学技術大学院大学(OIST、恩納村)は11月12日、キャンパス内にある講堂で「サイエンスフェスタ2022」を開く。2年ぶりの対面開催となり、オンラインで参加することもできる。入場無料。普段入ることができない研究室のオンライン見学や、研究者によるサイエンスショーが楽しめる。

 今月3日に古人類学の世界的権威であるスバンテ・ペーボ客員教授がノーベル生理学・医学賞を受賞し、著名な研究者を惹き付ける能力があることを示したOIST。その施設や研究内容の一端に触れる良い機会になりそうだ。

ラボツアー、雲中体験も

科学マジックショーの講師を務めるOIST学生のブルミス・テオドロスさん(OIST提供)

 当日は午前10時~正午、午後2~4時の2回に分けて開催し、それぞれ定員は300人。事前予約が必要。申し込みの締め切りは10月30日となっており、応募者多数の場合は抽選となる。オンラインでの参加も事前登録を推奨している。いずれもOISTウェブサイト(https://groups.oist.jp/ja/science-festival)から。

 講堂内の大画面を通し、OISTの研究員や学生が研究室を案内するオンラインラボツアーでは、研究室で行われている実験内容や設備の一部を知ることができる。所属している科学者に直接質問することも可能だ。

 その他、液体窒素を使って雲中にいるような体験ができる実験や、標本を用いた「海の王者」と称されるサメの生態解説、卵の化学的な性質を解き明かす実験など、科学者たちによるバラエティに富んだ様々な催しが予定されている。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ