助産院併設の保育園「ママに優しく」産後ケアや育児相談も

 

 今年1月に開園した、助産師がママのためにつくる保育園「Emily‘s Nursery(エミリーズナーサリー)」(北谷町港)では助産院を併設し、出産後の母親のケアや育児相談なども受け、定期的に母乳育児や沐浴教室、離乳食講座などを開催し、母親をサポートする。助産師で園長の甲斐由香さんは「ママにとことん優しい保育園をつくりたかった」と話す。

「手ぶら保育」でママを楽に

 由香さんと夫の景亮さん夫妻が営むエミリーズナーサリーでは、「ママの仕事を減らしたい」と着替え、オムツ、ミルクを用意し、お母さんは手ぶらで子どもを預けることができる。

 また、着替えやタオルなどの洗濯は、赤ちゃんの肌に優しいEMアロマ洗剤を使用。さらに、「おむつなし育児」や「五感教育」、「グローバル教育」などを取り入れている。赤ちゃん自身の食べる力を育てる「BLW離乳食」やオーガニック食材を使用した「食育」にも力を入れ、全てオーガニック食材を使用した離乳食、おやつを提供している。

 由香さんは「食を最も大切にしていきたい」といい、理由に「子どもたちには安心安全な本物を知って、味わってほしい。大切に育てられた『いのち』を大切にいただいてほしい。食(という字)は『人を良くする』ものだから」と話す。

 オーガニック食材は、西原町にある有機JAS認定農家「新島ファーム(平良代表)」から無農薬、化学肥料、除草剤を使わずに栽培された新鮮な旬の野菜を取り寄せ、北谷町にあるオーガニック食品専門店「グリーンリーフ」から米や無添加の調味料を厳選して使用している。

 「奇跡的にご縁が繋がり、子どもたちに安心安全ないのちが届けられています。この取り組みが持続可能で、全ての保育園や学校給食でもスタンダードになるように」との思いが込められている。

新島ファームのオーガニック野菜(写真提供:エミリーズナーサリー)

併設助産院で産後の母親をサポート

 助産院を併設していることも特徴的だ。出産後の母親のケアや育児相談なども受け、定期的に母乳育児や沐浴教室、離乳食講座などを開催するなど母親をサポートしている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  平時では、修学旅行や大型クルーズ船客などによる貸切バス需要が旺盛な沖縄。しかしコロナ禍に…
  2.  「和牛農家を続けられるのか、息子に継がせていいのか、自問自答する毎日です…」  7…
  3.  日本ハンドボールリーグ(JHL)女子のザ・テラスホテルズは7月23日、名護市の21世紀の…
  4.  コロナ禍の損失補填を求める「これまでの沖縄県の自粛要請に伴う観光事業者への協力金支給を実…
  5. 「観光のお客さんは戻ってきてはいますが、従業員の人材確保がかなり困難な状況です。手が足りず…

特集記事

  1.  旧統一教会の信者を母親に持つ山上徹也容疑者が安倍晋三元首相を銃殺した事件から8日で1カ月…
  2.  9月11日に投票日を迎える沖縄県知事選挙。4年間におよぶ玉城デニー知事の県政運営が県民に…
  3.  沖縄県教育委員会はこのほど、2022年度から2031年度における「沖縄県教育振興基本計画…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ