助産院併設の保育園「ママに優しく」産後ケアや育児相談も

 

 今年1月に開園した、助産師がママのためにつくる保育園「Emily‘s Nursery(エミリーズナーサリー)」(北谷町港)では助産院を併設し、出産後の母親のケアや育児相談なども受け、定期的に母乳育児や沐浴教室、離乳食講座などを開催し、母親をサポートする。助産師で園長の甲斐由香さんは「ママにとことん優しい保育園をつくりたかった」と話す。

「手ぶら保育」でママを楽に

 由香さんと夫の景亮さん夫妻が営むエミリーズナーサリーでは、「ママの仕事を減らしたい」と着替え、オムツ、ミルクを用意し、お母さんは手ぶらで子どもを預けることができる。

 また、着替えやタオルなどの洗濯は、赤ちゃんの肌に優しいEMアロマ洗剤を使用。さらに、「おむつなし育児」や「五感教育」、「グローバル教育」などを取り入れている。赤ちゃん自身の食べる力を育てる「BLW離乳食」やオーガニック食材を使用した「食育」にも力を入れ、全てオーガニック食材を使用した離乳食、おやつを提供している。

 由香さんは「食を最も大切にしていきたい」といい、理由に「子どもたちには安心安全な本物を知って、味わってほしい。大切に育てられた『いのち』を大切にいただいてほしい。食(という字)は『人を良くする』ものだから」と話す。

 オーガニック食材は、西原町にある有機JAS認定農家「新島ファーム(平良代表)」から無農薬、化学肥料、除草剤を使わずに栽培された新鮮な旬の野菜を取り寄せ、北谷町にあるオーガニック食品専門店「グリーンリーフ」から米や無添加の調味料を厳選して使用している。

 「奇跡的にご縁が繋がり、子どもたちに安心安全ないのちが届けられています。この取り組みが持続可能で、全ての保育園や学校給食でもスタンダードになるように」との思いが込められている。

新島ファームのオーガニック野菜(写真提供:エミリーズナーサリー)

併設助産院で産後の母親をサポート

 助産院を併設していることも特徴的だ。出産後の母親のケアや育児相談なども受け、定期的に母乳育児や沐浴教室、離乳食講座などを開催するなど母親をサポートしている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  県振興推進委員会は29日、新たな沖縄振興計画の骨子案を決定した。県土の方向性として、「地…
  2.  沖縄民謡とシンセサイザーを融合した音楽を作詞作曲、CMや番組のテーマ曲などを提供し、リゾ…
  3.  2021年1月20日、J2に所属する沖縄のプロサッカーチームFC琉球が始動した。真っ青に…
  4.  旅を愛する女優・柴田千紘さんに、沖縄リピーターの立場で見た"冬の沖縄"を素直な視点で描い…
  5.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
国場組大寛組前田鶏卵

特集記事

  1. 「さすがに家賃の上がり方が異常でした」  そう振り返るのは、宮古島市平良の「住宅情報…
  2.  「強烈な違和感を持った」 2022年度以降の沖縄振興計画をめぐって、去年12月30日に読…
  3.  ことし、26年間の歴史に幕を下ろした老舗ライブハウス「宜野湾HUMAN STAGE(ヒュ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ