「こども庁」構想に迫る①子供たちを取り巻く危機を打開できるか

 

 「いま、日本の子供たちを取り巻く環境は?」。こう問われると、多くの方は悲観的なことをイメージするのではないでしょうか。子供の自殺、貧困、いじめ、不登校、虐待・・・さらには、子供を産み育てる環境がなかなか改善されないために、出生率も下げ止まりの状態が長く続き、少子化の危機を脱しきれません。

 中でも沖縄は、子供の貧困率の高さが全国でも突出していると言われており、特に危機的な状況にあります。不登校やいじめの件数も全国で上位を占めているという事実もご存じでしょうか。

 こうした子供たちを取り巻く危機的状況の打開に向け、政府は今年に入り、「こども庁」の創設に動き出しました。

 各省庁の縦割りを排し、網羅的・一元的に取り組むための新組織の創設。なぜいま、「こども庁」なのか?どのような理念なのか?そして、本当に実現は可能なのか?「こども庁」構想に3回シリーズで迫る第1回目。

そもそも「こども庁」とは?

 子供関連の政策は、文部科学省や厚生労働省をはじめ、内閣府、法務省、経済産業省、警察庁など様々な省庁にまたがって実施されているため、いわゆる「縦割り行政」の問題が指摘されています。縦割り行政の状態では、1つの問題に別組織がバラバラに対応するため、対策が二重になったり、対象に偏りが生じたり。あるいは、1つの問題にまつわる情報を組織同士でうまく共有できないためにサービスの機会を失ったり、質が下がったり。

 こども庁構想は、子供関連の政策をこども庁に一本化することで、こうした縦割り行政の弊害を解消し、少子化をはじめ、子供を取り巻く様々な問題に対して、国がワンチームになって強力に取り組もうという構想なのです。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ