英語で科学 OIST、高大生向けプログラム参加者募集 31日締切

 
参加を呼び掛けるOISTの学生(同大学提供)

 沖縄科学技術大学院大学(OIST、恩納村)は、沖縄県内の高校生と大学生向けに、英語で科学が体験できるプログラム「Sci-En ゆんたく」の参加者を募集している。9月から12月までの4カ月間に、月に1回計4回のセミナーを開催する。申し込みが必要で、締め切りは8月31日。申し込みなど詳細ページはこちら

 このプロジェクトはOISTの学生である日本とインド出身の計8人によるもので、物理コース、生物コース、プログラミング&機械学習コースの3コースを英語で行う。

 同プロジェクトは「科学は自然と対話するための世界共通の言語だが、世界中の科学者と交流するためには英語が非常に重要」との観点から、英語学習へのモチベーション向上にもつなげる狙いがある。英語の予備知識は不要。

 物理と生物の各コースは高校生向け、機械学習コースは大学生向けではあるが、興味に応じてどれでも選択できる。各コースの内容は以下。

・物理コース(定員20)
力学、熱力学、波と振動、電磁力学、量子力学など高校物理を中心に少し大学の内容まで
・生物コース(定員20)
「人と微生物」「昆虫と微生物」「植物と微生物」のそれぞれの相互作用についてなど
・プログラミング&機械学習コース(定員10)
PythonとTensorflowを使ったディープラーニング入門、誤差逆伝播法や確率的勾配降下法といったディープラーニングの基礎的手法に加え、発展的な内容も

 プロジェクトチームは「英語は苦手だけど科学に興味がある学生にこそ参加してほしいと思っています」とサイト上で呼び掛けている。


コース:物理コース、生物コース、プログラミング&機械学習コース
日程:9月18日、10月16日、11月20日、12月18日(予定)
会場:OISTメインキャンパス
ウェブサイト:https://groups.oist.jp/ja/seyun
問い合わせ:tech@oist.jp

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ