都市対抗野球沖縄県予選③ タイ・ブレークで歓喜のサヨナラ勝ち

 
サヨナラ勝ち越しホームイン


 毎年開催されている社会人野球の象徴、都市対抗野球大会。例年、沖縄県の第1次予選は2チームのみが権利を得るが、九州の社会人チームが減って1枠が空いたことにより、3年に1度だけ沖縄県に第3代表権が与えられている。

 既に2枠が決まった2日後の24日、ANA BALL PARK浦添で沖縄第3代表出場権をかけて、シンバネットワークアーマンズベースボールクラブ(以下シンバ)とビッグ開発ベースボールクラブ(以下ビッグ開発)が対戦、タイ・ブレークの末、5−4でビッグ開発がサヨナラ勝ちし、九州大会出場の最後のチケットを手に入れた。シンバは決勝でエナジックに0−3で負け、第2代表決定戦も1−2で敗戦、この日、3度目の挑戦も勝ちきれず、目の前だった代表権獲得チャンスを逃した。

ビッグ開発先発の屋良睦投手

ボークでリズム狂わされたか

 試合は2回、シンバは住本将基捕手の本塁打で先制、3回には銘苅圭介選手の中適時打で1点を追加した。ところが、4回、先発の又吉亮文投手が1死1、2塁にしたところでボークを獲られ、そこからリズムが狂わされてしまったのか同点に追いつかれた。その後両チーム共に攻めあぐね、9回終了時点で2−2の同点。大会のルールにより、10回からは「タイ・ブレーク制」が適用され、無死1、2塁から始められた。

ボークについて審判から説明を受ける

 10回表、シンバの攻撃は、1死で菅野裕志選手が左中間に適時打を放ち2点を追加。そこでビッグ開発はルーキー榎本陽吾投手を投入。期待に応え、二者連続三振で後続を断った。

シンバはタイブレイクで2点勝ち越し
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ