都市対抗野球沖縄県予選③ タイ・ブレークで歓喜のサヨナラ勝ち

 
サヨナラ勝ち越しホームイン


 毎年開催されている社会人野球の象徴、都市対抗野球大会。例年、沖縄県の第1次予選は2チームのみが権利を得るが、九州の社会人チームが減って1枠が空いたことにより、3年に1度だけ沖縄県に第3代表権が与えられている。

 既に2枠が決まった2日後の24日、ANA BALL PARK浦添で沖縄第3代表出場権をかけて、シンバネットワークアーマンズベースボールクラブ(以下シンバ)とビッグ開発ベースボールクラブ(以下ビッグ開発)が対戦、タイ・ブレークの末、5−4でビッグ開発がサヨナラ勝ちし、九州大会出場の最後のチケットを手に入れた。シンバは決勝でエナジックに0−3で負け、第2代表決定戦も1−2で敗戦、この日、3度目の挑戦も勝ちきれず、目の前だった代表権獲得チャンスを逃した。

ビッグ開発先発の屋良睦投手

ボークでリズム狂わされたか

 試合は2回、シンバは住本将基捕手の本塁打で先制、3回には銘苅圭介選手の中適時打で1点を追加した。ところが、4回、先発の又吉亮文投手が1死1、2塁にしたところでボークを獲られ、そこからリズムが狂わされてしまったのか同点に追いつかれた。その後両チーム共に攻めあぐね、9回終了時点で2−2の同点。大会のルールにより、10回からは「タイ・ブレーク制」が適用され、無死1、2塁から始められた。

ボークについて審判から説明を受ける

 10回表、シンバの攻撃は、1死で菅野裕志選手が左中間に適時打を放ち2点を追加。そこでビッグ開発はルーキー榎本陽吾投手を投入。期待に応え、二者連続三振で後続を断った。

シンバはタイブレイクで2点勝ち越し
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ