都市対抗野球沖縄県予選③ タイ・ブレークで歓喜のサヨナラ勝ち

 
サヨナラ勝ち越しホームイン


 毎年開催されている社会人野球の象徴、都市対抗野球大会。例年、沖縄県の第1次予選は2チームのみが権利を得るが、九州の社会人チームが減って1枠が空いたことにより、3年に1度だけ沖縄県に第3代表権が与えられている。

 既に2枠が決まった2日後の24日、ANA BALL PARK浦添で沖縄第3代表出場権をかけて、シンバネットワークアーマンズベースボールクラブ(以下シンバ)とビッグ開発ベースボールクラブ(以下ビッグ開発)が対戦、タイ・ブレークの末、5−4でビッグ開発がサヨナラ勝ちし、九州大会出場の最後のチケットを手に入れた。シンバは決勝でエナジックに0−3で負け、第2代表決定戦も1−2で敗戦、この日、3度目の挑戦も勝ちきれず、目の前だった代表権獲得チャンスを逃した。

ビッグ開発先発の屋良睦投手

ボークでリズム狂わされたか

 試合は2回、シンバは住本将基捕手の本塁打で先制、3回には銘苅圭介選手の中適時打で1点を追加した。ところが、4回、先発の又吉亮文投手が1死1、2塁にしたところでボークを獲られ、そこからリズムが狂わされてしまったのか同点に追いつかれた。その後両チーム共に攻めあぐね、9回終了時点で2−2の同点。大会のルールにより、10回からは「タイ・ブレーク制」が適用され、無死1、2塁から始められた。

ボークについて審判から説明を受ける

 10回表、シンバの攻撃は、1死で菅野裕志選手が左中間に適時打を放ち2点を追加。そこでビッグ開発はルーキー榎本陽吾投手を投入。期待に応え、二者連続三振で後続を断った。

シンバはタイブレイクで2点勝ち越し
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ