ハンド五輪日本女子代表アナリスト嘉数氏が視る沖縄ハンドの未来

 

ハンドボール女子日本代表アナリストとしてコーチ陣とやり取りする嘉数陽介さん(右)

 沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日本代表には、選手ではなくチームスタッフとして、彼らとともにオリンピックを戦った沖縄出身者がいました。戦術分析などを行うアナリストの嘉数陽介(かかず・ようすけ)さんです。ハンドボールが盛んな沖縄では特に関心も高く、惜しくも男女ともに予選ラウンド敗退という結果でしたが、歴史的な決勝トーナメント進出に期待も高まる熱い戦いを見せてくれました。チームの一員として臨んだ嘉数さんが振り返るオリンピックと、沖縄、そして日本が秘める今後のハンドボールの未来に迫ります。

「アナリスト・嘉数」の欠かせない役割

試合中に戦術データを分析する嘉数さん

 アナリストとは、一言でいうと、戦術的に相手チームや自らのチームを分析するチームスタッフのこと。各種戦術データを収集・分析・整理するとともに、試合中の関連シーンを動画編集して、監督や選手たちにこれらを提示するが主な役割で、真に必要なデータを見極める戦術眼や、時機を逃さず提示できるスピード感などが求められます。

 県内でも特にハンドボールが盛んな浦添市出身の嘉数さんには、興南高校主将としての全国制覇など選手としての華々しいキャリアもありますが、「最後、東海大学で選手を引退するころから、指導する側の活動も意識するようになりました」。大学卒業後から、「縁やタイミングに恵まれて」女子日本代表のアナリストとして帯同するチャンスを掴み、現在のようにチームに貢献するまでに成長してきました。

 嘉数さんは、アナリストとして最も大切にしていることがあるといいます。

「データに踊らされないことです。例えば、必要な情報であっても、動画で見せて強く印象付けるのと、言葉だけで伝えて本質を理解するにとどめるのとでは全然効果が違います。チーム全体の状態や伝えたい内容を考慮して、その都度ベストな情報量やタイミングをコーチングスタッフと模索します。多くの選手には、自分で必要な情報を選んでインプットし、自ら考えてプレーに繋げる習慣が身についています。これは最も大事なことで、僕はこのサイクルが少しでも機能するよう、選手達がいつでも情報にアクセスできる環境整備に、可能な限り取り組んでいました」

 外国人監督や個性豊かな選手たち一人ひとりとのコミュニケーションも大事にしながら、データを過不足なく有効活用して、チームの推進力となるのです。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  小笠原諸島・福徳岡ノ場の海底火山噴火に由来するとみられ、10月中旬に沖縄県沿岸に漂着した…
  2.  第二次世界大戦後、沖縄県が食糧難に直面した際、海外に移住したウチナーンチュ(沖縄…
  3.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  4.  10月中旬に沖縄県への軽石漂着が確認されてから1ヶ月以上が経った。軽石は漁業や観光、周辺…
  5.  沖縄の伝統工芸のひとつ、琉球漆器は中国から技法や原材料が持ち込まれ、14世紀ごろからその…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組琉球海運_広告大寛組前田鶏卵

特集記事

  1.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  2.  国内有数の進学校、灘中学校・高等学校(兵庫県)の元英語教員で「夢をかなえる英単語ユメタン…
  3.  公益財団法人「みらいファンド沖縄」が「子どもの人権保障」という観点から、部活動に取り組む…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ