沖縄の球団チア、プロデュースは海外でも活躍するこの人!(上)

 

 「琉球ボンバーズ」「ミラクルズ」「琉球ライオネス」―。沖縄県内を拠点に活動するスポーツチームのチアチームを一手にプロデュースする男性がいる。那覇市首里末吉町でダンススタジオの経営などを手掛ける株式会社BUPPIE RECORD (バッピーレコード)代表の吉田邦彦さんだ。

 これまで、ビビアン・スーの振付や福山雅治のバックダンサーをはじめ、台湾出身で中華圏を中心に絶大な人気を誇る5人組バンド「五月天(メイデイ)」への振付を担当するなど、国境を超えて活躍する吉田さんが掲げるのは「沖縄のスポーツをエンターテイメントで応援」。FEC所属のスポーツ大好き芸人・ぎぼっくすが全2回に渡ってインタビューする。


ダンス×スポーツの魅力

FC琉球のオフィシャルダンスパフォーマンスクルー「琉球ボンバーズ」(公式ツイッターより)

ぎぼっくす:沖縄のスポーツチームのチアチームについての活動を教えてください。

吉田さん:当時、サッカーJFL(日本フットボールリーグ)所属だったFC琉球の2006年シーズンから、オフィシャルダンスパフォーマンスクルー「琉球ボンバーズ」を始めました。以前から海外のスポーツチームのようなダンスチームを作りたいと考えていまして、ご縁があったFC琉球さんに関わらせていただきました。2006年から2014年まで活動しまして、一度離れていたのですが2017年から再度オフィシャルダンスパフォーマンスクルーをしています。

ぎぼっくす:琉球ボンバーズのトップチームのメンバーは10代から30代まで。時には小学生のキッズ達も一緒にパフォーマンスをしていますよね。周囲の反応はどうですか?

吉田さん:お客さんが笑顔で手を振ってくれたり、選手たちもノリノリで喜んでくれてる姿を見て、やって良かったなと感じています。時にはボンバーズ目当てのお客様もいらしたりします。集客に繋げる、ボンバーズにはそういう役割もあると思ってます。

ぎぼっくす:琉球ボンバーズから始まったスポーツチームのダンスパフォーマンスですが、現在は他のチームにも活動を広げていますよね。

吉田さん:2018年からサッカー沖縄SV(九州リーグ所属)のオフィシャルダンスチーム「ミラクルズ」の活動をしています。また今年からはアメリカンフットボール琉球ガーディアンズの公式チアダンサーズ「琉球ライオネス」の活動も始めています。

サッカー沖縄SVのオフィシャルダンスチーム「ミラクルズ」(吉田さん提供)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
前田鶏卵大寛組国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ