キングス、開幕戦で昨季王者に圧勝 堅いディフェンスで81-52

 
ゴール下で激しく競り合うキングスの選手たち=10月1日、沖縄アリーナ(長嶺真輝撮影)

 プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデンキングスは10月1日、沖縄アリーナに東地区の宇都宮ブレックスを迎え、81-52で大勝した。昨季ファイナルで対戦し、2連敗で屈した相手だけに、幸先のいいスタートとなった。来場客はほぼ満員の8,022人。2日も午後6時5分から、同アリーナで宇都宮と対戦する。

前半でターンオーバー10回誘発

しつこいディフェンスを仕掛ける松脇圭志(中央)ら

 エースの今村佳太が「ディフェンスから試合に入ろうと思っていました」と振り返る通り、序盤から個々の選手が激しい守備を仕掛けたキングス。相手エースの比江島慎とマッチアップした今村が第1クオーターでファウル2つとなり、ベンチに下がらざるを得ない状況となったが、新加入の松脇圭志が持ち味の強いフィジカルを生かしてチームの高いディフェンス強度を保った。

 さらに第2Qに入るとジャック・クーリーの存在感が増し、このクオーターだけで1人でリバウンド8本を奪取。そのおかげでトランジションが早くなり、コー・フリッピンが積極的に速攻を仕掛けて得点を重ねた。外のシュートは低確率だったものの、前半だけで宇都宮のターンオーバーを10回誘発し、18点リードで折り返した。

松脇がスリー連発 攻守で躍動

 後半に入ると、松脇が今度はオフェンスで力を発揮する。

 前半はチーム全体でスリーを9本中1本しか成功できなかったが、松脇が第3Qだけで3本を成功。アレン・ダーラム、小野寺祥太も沈め、さらに点差を広げた。ディフェンスの強度も最後まで落ちることなく、ホームで快勝した。

左コーナーからスリーポイントを放つ松脇

 試合後、桶谷大HCは「出る選手、出る選手がみんなハードにプレーしてくれて、相手の状況判断が悪くなっていた。リバウンドも取れてセカンドチャンスを許さず、すぐ攻撃に移れて自分たちの流れがつくれたと思います」と選手たちを称賛。今季は主力選手がほとんど残っただけに「昨年の開幕戦はまだ選手の長所を掴みきれてなかったけど、今年はやりたいバスケをある程度分かってくれてる選手が残って、スムーズに攻撃ができてます」と手応えを語った。

 また、攻守に活躍した松脇については「昨季のファイナルでは比江島選手を守る選手が少なかったけど、松脇がマッチアップできたところは今年のチームとしての強みです。彼の存在がチームにとってプラスになるとつくづく思いました」と高く評価した。

フリッピン、15得点6アシストで攻撃牽引

試合後のインタビューを日本語で答え、笑顔を見せるコー・フリッピン

 並里成が群馬に移籍し、ポイントガードとしての役割が増したフリッピンは、15得点、6アシストで攻撃を牽引した。松脇、ダンカンという個人として力のある選手が加入し、「攻撃で新しい選択肢が増えたことは強みになっている」とチームオフェンスに好感触を感じているようだ。

 高い身体能力を生かして守備でも勝利に貢献し、印象に残っている自身のプレーを聞かれると「自分自身のエナジー」と答えた。チーム全体としても「第3Qが終わった時点で相手に37点しか取られていなかったことが印象的。守備が効いているということなので」と振り返った。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ