「こども庁」構想に迫る①子供たちを取り巻く危機を打開できるか

 

「横割り」や「年代割り」の弊害も

 このように縦割りの問題を挙げるだけでもキリがありませんが、地方自治体の予算規模や組織体制などの地域間格差といった「横割り」の問題、「小1プロブレム」に象徴される年齢による政策の落差といった「年代割り」の問題も指摘されています。

 子供を取り巻く環境は未だ危機的な状況にあり、改善すべきことは山積しているといえます。当然今でも様々な政策が実行されていますが、このままのやり方では大きな効果は期待できないでしょう。

 子供の命を保証し、健全な暮らしや教育を保証し、明るい未来を創っていくことは、政府のみならず社会全体の根本的な使命です。子供を取り巻く環境の改善に向けて、今こそ、社会全体の仕組みそのものを大胆に改革する必要があるのです。

突如動き出した構想 本当に実現できるのか

 実は、こども庁構想に似た議論は過去にも何度かありました。特に、民主党政権時代には「子ども家庭省」として、関連法案の策定作業に入るほど具体的に検討が進んでいった時期もあり、政権交代後も同様の議論はありましたが、結局実現を見ないまま現在に至ります。

 今回の構想の発端は、今年の1月。これまで子供関連の施策に積極的に取り組んできた自民党の山田太郎氏が示した私案に対し、菅総理が強い意欲を見せたことから、自民党内の有志で議論がスタートしました。
 4月には自民党内で「『こども・若者』輝く未来創造本部」を立ち上げ、総理に提言を行ったことから、政府内でも検討を進めることとなり、7月にはその初会合が開かれました。そこで加藤官房長官は、基本方針を年内に策定するよう指示しています。

これまで実現できなかった一大プロジェクト。霞が関に1つの省庁を作るというのは、とてつもないエネルギーを必要とします。社会の仕組みを大改革する素晴らしい理念ですが、果たしてそれに適う組織体制と、真に実のある政策は実現できるのか。いま、こども庁から目が離せません。

■関連記事
「こども庁」構想に迫る②子供たちを取り巻く危機を打開できるか | HUB沖縄
「こども庁」構想に迫る③子供たちを取り巻く危機を打開できるか | HUB沖縄

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

嘉数松悟

投稿者記事一覧

元文部科学省職員、個別指導塾「Class K」代表。
2009年、沖縄県教育庁生涯学習振興課に配属、県立図書館事業や体験活動の推進などに携わる。2014年に文科省へ転籍。専門学校制度や高卒認定試験の担当係長を務める。沖縄県の教育課題に現場の視点で取り組むべく、2021年に帰沖。
1986年、浦添市出身。琉球大学理学部卒。1児の父。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ