海に浮かぶ小島だった「奥武山」湧き水とマジムン伝説が物語る歴史

 
奥武山の歴史スポットを紹介する案内板

 奥武山と言えば、広く県民に親しまれている運動公園、もしくは護国神社や沖宮のある参拝祈願の地というイメージがあるかと思う。

 この場所は、戦前までは海に浮かぶ離れ小島だった。現在でも那覇方面から奥武山公園へ入る際には、明治橋や那覇大橋を渡る必要があるので、なんとなく海や川に囲まれている感覚はある。しかし、小禄方面から向かう際には全くの陸続きになるため、かつてはそこに海が広がっていたことは想像し難い。セルラースタジアムやサブグラウンド、弓道場、そして鏡原町一帯まで元々は海で、奥武山から対岸の垣花まではもう一本の橋「南明治橋」が架かっていたのだ。

 今回は、奥武山の周辺からその名残をいくつか紹介しよう。

1945年の奥武山。二つの橋で結ばれているのが分かる

いまだ途絶えることのない湧き水

 奥武山の周り一帯が海峡だったことを示す分かりやすい名残の一つが「落平(ウティンダ)」と呼ばれる垣花側の海崖から湧き出ていた湧き水だ。

 今でもセルラースタジアムから県道7号線を挟んだ向かい側には、一角だけ不思議とこんもりした山のような場所があり、岩壁から水がチョロチョロと湧き出ている。昔ほどの水量ではないようだが、まだ途切れず湧き続けていることに感動する。そしてこの岩崖こそ、昔はここが海だったということをしっかりと伝えてくれているのだ。

現在でも僅かに水が湧き出ている「落平」

 当時、垣花の対岸にあった那覇は浮島という離れ島で、沖縄一の大商業エリアだった。しかし立地もあり、那覇の湧き水は塩気が多く飲むには適さなかった。そこで商人たちは垣花の落平に船を接岸させ樽に大量の水を汲み、それを那覇まで売りに行った。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ