歴史あり、パワースポットあり、知られざる「奥武山」

 
修景池の隣にひっそりと佇む「心海上人の墓」

 奥武山はかつて離れ島で、限られた人物しか訪れることが出来ない特別な島だったと言われている。今回は、そんな奥武山のスピリチュアルスポット、歴史スポット、について伝えていこう。

小さな島に三つの神社

 奥武山公園の一角に、周りとは雰囲気が異なる「心海上人の墓」がある。心海上人とは、1700年代に護国寺の住職を勤め上げ奥武山に渡り、島内に「龍洞寺」を創建し隠居した人物だ。

 龍洞寺は、葛飾北斎が描いた琉球八景の一つ「龍洞松濤(りゅうどうしょうとう)」のモデルになっていることからも、当時から風光明媚な島だったと思われる。龍洞寺は現存しないが、現在奥武山には護国神社世持神社沖宮という3つの神社がある。

 この3つは、それぞれ奥武山に昔からある3つの山、日護森(ひごのむい)銀森(なんじゃむい)黄金森(くがにむい)に建立されている。奥武山の遊具エリアの名称が「ナンジャムイとりで」となっているのは、ここに由来しているのだ。

今回はこの3つの中の沖宮にスポットを当ててみよう。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ