歴史あり、パワースポットあり、知られざる「奥武山」

 
修景池の隣にひっそりと佇む「心海上人の墓」

 奥武山はかつて離れ島で、限られた人物しか訪れることが出来ない特別な島だったと言われている。今回は、そんな奥武山のスピリチュアルスポット、歴史スポット、について伝えていこう。

小さな島に三つの神社

 奥武山公園の一角に、周りとは雰囲気が異なる「心海上人の墓」がある。心海上人とは、1700年代に護国寺の住職を勤め上げ奥武山に渡り、島内に「龍洞寺」を創建し隠居した人物だ。

 龍洞寺は、葛飾北斎が描いた琉球八景の一つ「龍洞松濤(りゅうどうしょうとう)」のモデルになっていることからも、当時から風光明媚な島だったと思われる。龍洞寺は現存しないが、現在奥武山には護国神社世持神社沖宮という3つの神社がある。

 この3つは、それぞれ奥武山に昔からある3つの山、日護森(ひごのむい)銀森(なんじゃむい)黄金森(くがにむい)に建立されている。奥武山の遊具エリアの名称が「ナンジャムイとりで」となっているのは、ここに由来しているのだ。

今回はこの3つの中の沖宮にスポットを当ててみよう。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ