外国人向け言語支援事業「予定なし」過半数 沖縄県内市町村調査

 
沖縄県庁

 沖縄県内の市町村のうち、外国人向けに行政情報や生活相談の多言語対応などコミュニケーション支援に「取り組む予定はない」とした市町村が56%と過半数に上っている。沖縄県が行う「令和2年度沖縄県多文化共生推進調査事業」の一環で実施された調査によって明らかになった。同調査では在留外国人が行政に望むこととして「外国語での相談窓口の設置」や「行政サービスの情報提供」が上位になっており、日本人と同様に納税をしているのにも関わらず適切な対応を受けられない不安感が残っている。

■関連リンク
「日本語会話ができる」6割 在沖外国人が行政に一番求めること | HUB沖縄

 沖縄県には2万人を超える外国人(住民登録を行っていない米軍関係者除く)が住んでいる。調査は昨年3月に、県内41市町村に対して電子メールで調査票を送付、うち17市町村から回答を得た。

 17市町村のうち、外国人向けの具体的な事業を記述したのは那覇、浦添、宜野湾、名護の4市のみだった。那覇市では事業として外国人窓口相談に取り組んでおり、来庁者の生活相談の通訳などを行っている。

 ただし、町村部などでは外国人在住者の状況によって特に対応の必要性がない自治体もある。また、「窓口で英語が必要となった場合は、話せる職員で対応できている」(金武町)といったように、事業を立ち上げずとも現状で対応できている例もあった。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  2.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  3.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  4.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で5連覇を果たし、5月13日には年間王者を争うチャ…
  5.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…

特集記事

  1.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  2. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
  3.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ