沖縄でおなじみ“シロイカ”が瞬時に体色変化 OISTが初記録

 
提供:OIST/ 中島隆太博士

 沖縄で「シロイチャー(シロイカ)」と呼ばれているツツイカが、周囲の環境に合わせて体の色を変化させる「擬態」をすることが、沖縄科学技術大学院大学(OIST)物理生物学ユニットの研究チームによって初めて明らかにされた。学術誌「Scientific Reports」に3月28日に発表された。ツツイカが泳ぎながら瞬時に体の色を変える様子を収めた動画が、同大学のHPで公開されている。

 実験では、ツツイカ数匹が入った水槽の半分を掃除し、残りの半分は藻類に覆われたままにしておくことで水槽内に明暗2色の環境を作った。観察の結果、藻類が無く明るい側にいたツツイカが藻類の上に移動すると、たちまち黒っぽくなった。

水槽の明るい側にいるツツイカ。体色も明るい(提供:OIST/ 中島隆太博士。動画からの切り抜き)
水槽の暗い側に入った途端、数秒もしないうちに体色を黒っぽくしたツツイカ(提供:OIST/ 中島隆太博士。動画からの切り抜き)

 これまで、タコやコウイカが体色を変化させて擬態することは知られていたが、ツツイカに関してはそのような能力が報告されていなかった。同じイカやタコの仲間でも、ツツイカの多くは外洋に生息しているため、飼育が難しく、擬態に関する研究が進んでこなかったという。ツツイカの行動を明らかにしていくことで、保護活動に役立てることが期待される。

 筆頭著者の一人であるズデニェク・ライブネル博士は「ツツイカのこの能力にこれまで誰も気づかなかったことにも、いまだに驚いています。これらの動物について、知らないことがいかに多いかということが分かります」と生物研究の奥深さを語っている。

Print Friendly, PDF & Email

長濱 良起

投稿者記事一覧

フリーランス記者。
元琉球新報記者。教育行政、市町村行政、基地問題の現場などを取材する。
琉球大学マスコミ学コース卒業後、県内各企業のスポンサードで世界30カ国を約2年かけて巡る。
2018年、北京・中央民族大学に語学留学。
1986年、沖縄県浦添市出身。著書に「沖縄人世界一周!絆をつなぐ旅!」(編集工房東洋企画)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ