米軍基地内リーグでバスケ審判に挑戦 「選手に還元」キングスU18の金城寿AC

 
キングスU18の練習試合でレフリーを務める金城寿さん=8月、沖縄市

 プロバスケットボールBリーグの琉球ゴールデンキングスのユースチーム「キングスU18」でアシスタントコーチ(AC)を務める金城寿さん(50)が、9月から沖縄県内にある米軍基地内の試合で審判に挑戦している。Bリーグの前身であるbjリーグで公式審判を務めていた経験を生かし、米国のバスケから学んだことをユースの選手らに還元していく考えだ。沖縄の学校や一般のチームが基地内のチームと練習試合を行う事例は多いが、基地内の公式戦で県民が笛を吹くのは珍しいケース。

公式戦は6年ぶり 元bjリーグレフリー

 小学校教諭の傍ら、bjリーグでレフリーを務めていた金城さん。2016年にBリーグ創設以降は審判を離れ、ラジオ沖縄の番組でキングスの試合解説をしたり、ユースチームでコーチをしたりと各方面で沖縄バスケ界に貢献してきた。

 今回金城さんが審判として所属する組織は、基地内のスポーツ協会の位置付けという「沖縄アスレチック・オフィシャル・アソシエーション」(OAOA)。バスケ部門に籍を置き、中学、高校、一般の各カテゴリの大会やリーグ戦で審判を務める。公式戦で笛を吹くのは実に6年ぶりだ。

米軍基地内の公式戦で笛を吹く金城寿さん(左)=9月(金城さん提供)

 7月下旬に知人から誘われたことがきっかけ。OAOAのリーダーであるジェラルド・シャーバーさんがbjリーグで共に審判をしていた仲で、その縁で話が舞い込んだという。

 キングスU18でACを担いながら「自分のレフリーはbjリーグで止まっている。指導する立場として『もっとアップデートしないといけない』という気持ちがあって、ずっとモヤモヤしてたんです」と語る金城さん。連絡を受けた時は「感謝の気持ちが湧いてきて、すぐにやらせてくださいと返事しました」と振り返る。

感謝胸に 高いレベルで技術磨く

 金城さんによると、米国はバスケ大国で知られるだけあって、基地内の選手たちのレベルも極めて高いという。「激しさもあり、高さもあります。実際にプロを目指している人もいて、とんでもない身体能力を持っている選手もいます」と語る。バスケの戦略やレフリーの技術も「最新のものが入ってきていると思います」と期待感を込める。

 普段指導している育成カテゴリの選手たちの中には、将来的に大学進学やBリーグを目指す選手もいる。そのため、より上のカテゴリでも活躍できる選手を育てるために「子どもたちのレベルに合わせたレフリングではなく、フィジカル面などに関して僕自身がもっと上のレベルでのレフリングができないといけない」と、今回の挑戦の意義を説明する。

新たな挑戦に向け、意欲を語る金城さん=8月

 基地内の試合では当然、英語が必要となるが、bjリーグ時代から「テーブルコールも英語でやるように心掛けていた」と心配はないようだ。「基地とは思っていなくて、すぐ隣にアメリカがある。その環境から持ち帰って子ども達にも還元したい。ここを拠点に海外へ出ていく視野も持てる。パイオニアになれるように努力したいです」と意欲を見せる。

 現役の小学校教諭として勤務しながら、今後もラジオの解説者やキングスU18のACも並行して続けていくという。周囲への感謝を胸に「自分だけ得をしても意味がないので、自分の経験や知識を周りに還元することが自分の役割であり、使命です。できる限り、見える形でいろんな活動をしていくことが、これまでお世話になった人たちに対するお礼になると思っています」と力強く語った。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄県内各地域で受け継がれてきたその土地の言葉「しまくとぅば」。文化やアイデンティティの…
  2. サッカーの沖縄キャンプをPRする(左から)まーちゃん、尾形貴弘さん、髙原直泰さん=1月10日、豊見…
  3.  台湾の金門島をご存じでしょうか?「台湾の」と書きましたが、島の位置としては「え?なんでここが台湾…
  4.  沖縄の「長寿県」という称号はもはや過去のものとなった。厚生労働省が12月23日に発表した…
  5.  年末が差し迫ってきて「そろそろ大掃除の時期だな…」と感じ始めている人も多くなっている今日…

特集記事

  1.  八千代エンジニヤリング株式会社(東京都)はこのほど、琉球大学工学部の神谷大介准教授と共同…
  2. 今年の正月に首里城で開かれた「新春の宴」にて  2022年は観光業界だけでなく、経済界も含め…
  3.  沖縄県と沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は1月4日、首都圏・阪神圏在住の現在…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ