水難時に居場所発信!那覇の企業が機器開発 県内の領海ほぼ網羅

 
使用イメージ写真(QUADRA PLANNING提供)

 海水浴など水辺のレジャーに出かけることが増える夏のこの時期、同時に気を付けなければならないのが水難事故だ。特に今年は1~6月にかけて沖縄県内で発生した水難事故が40件と、過去10年の同時期と比較して最多となっている。8月6日には大宜味村のター滝で増水による死亡事故が起きたばかり。4月に北海道で起きた知床遊覧船沈没事故の行方不明者捜索は今もなお続いている。

 そんな中、水中などのアウトドア環境でも位置情報を発信し続け、スマホやタブレット端末の画面上で即座にその場所が分かる「SEAKER_L3」を、QUADRA PLANNING株式会社(那覇市、飯野敬明社長)が開発し、ことし4月から販売を開始している。障害物や遮蔽物が無い状態では地上のアンテナから100km離れていても送信できるもので、沖縄本島の場合は領海(12海里=約22.2km)のほぼ全域をそのカバー範囲に入れている。

 ダイビングやシュノーケリングなどを楽しむ際に身に着けて位置情報を発信し「見える化」することで、水難事故時の捜索・救出活動に効果を発揮するだけでなく、アクティビティ業者にとっても安心安全のサービスを提供できることにもつながっている。

ソニーの通信技術を応用 電池1つで200時間

QUADRA PLANNINGの飯野社長

 同製品はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(東京都)が提供する通信サービス「ELTRES™ IoTネットワークサービス」を活用して開発された。スマホやパソコンの地図画面で、海洋上でも使用者の位置を把握・追跡することができる。

 携帯電話などの電波とは使用帯域が違うもので、長距離での電波のやり取りが可能なことに加え、荒天時の海上でも波などで電波が遮断されることがない。また、通信にかかる電力も「Bluetooth(クラス1)の約5分の1」(飯野社長)といい、電池1つで最大200時間も作動することから、捜索・救出活動の途中で電波が発せなくなる事態が起きてしまうリスクを抑えた。

(QUADRA PLANNING提供)

 飯野社長によると、これまでにも同様の海外製品はあったものの、3km程度の距離しか送信できず、連続使用時間も長くて20時間程度だったという。さらに、電波法の関係で海外製の従来品は国内での使用が叶わなかったが、日本の法律をクリアした上で使用に際する届出が不要なため、誰でもすぐに使うことができる。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ