元プロバスケ選手の根間さん 母校・長嶺中で後輩指導

 
プレーを見せながら技術を教える根間洋一さん(中央左)=8月18日、豊見城市立長嶺中学校

 沖縄県出身の元プロバスケットボール選手で、現在はBリーグ1部・滋賀レイクスターズのU15ヘッドコーチ(HC)を務める根間洋一さん(43)が8月18日、母校である豊見城市立長嶺中学校でバスケ教室を開いた。参加した同校の男女バスケ部員約40人は、国内の一線で磨かれた質の高い技術を自分のものにしようと、真剣な眼差しで根間さんの指導に耳を傾けていた。

 根間さんは1979年生まれ。長嶺中時代に全国中学校体育大会で優勝し、北谷高校、法政大学を経て、日本バスケットボールリーグ(JBL)の横浜ギガキャッツに入団。bjリーグの富山グラウジーズに所属していた頃は主将も務めた。現在は滋賀のU15HCをしながら、U18のアシスタントコーチ、球団ユースチーム全体の育成ディレクターも兼務している。

1対1を中心にコツを伝授

根間さんの指導メニューをこなす生徒たち

 「1対1のディフェンスでは相手がドリブルしたら1ステップ下がる意識を持って」

 「大きい動きは次の動作に不具合を起こすから、ボクサースタイルで細かい動きで付いていく」

 クリニックは午前10時から約2時間開かれた。「どのカテゴリでも1対1は必要になる」(根間さん)と、1対1での技術や心構えを中心にプレーのコツを伝えた。

 終盤には、指定された動きやパスでシュートまでを行う練習も実施。その際、根間さんは「試合中にコーチが説明した内容をなるべくすぐに理解できるように意識してください。それが第4クオーターの勝負所で生きてくるから」と話し、戦術理解度の高さも選手としての質を高める要素になることを示唆した。

 クリニックを終えた後には、那覇市のバスケ専門店「ステップ・バイ・ステップ」から寄贈されたバスケ用のソックスが選手たちに贈られた。

バスケ教室終了後、記念撮影する根間さん(後列中央)と生徒たち

 代表で挨拶した男子主将の徳元毎輝さんは「色々なことを教えてくれてありがとうございました。習った技術を試合でも使えるように練習を頑張ります」とお礼を述べた。女子主将の川満さくらさんは「試合で使えるフェイクや足の使い方を教えてくれてありがとうございました」と話した。

コロナ禍「コントロールできることに集中を」

 根間さんの指導法を見た長嶺中の與那覇正樹校長は「なぜこの練習をするべきなのかとか、子どもたちのために噛み砕いて説明していてとても分かりやすい。コロナ禍で練習が難しい時期もあったので、こういう機会は子どもたちの成長につながると思います」と嬉しそうに語った。

取材に応じる根間さん

 最後に生徒の前で挨拶した根間さんもコロナ禍に触れ、「みんなはコロナで中学生活の大切な時間を奪われたと思うけど、今から自分の人生とどう向き合って頑張っていくかを考えることは大切です。コントロールできないことより、自分でコントロールできることに集中していってほしいと思います」と将来に向けた心構えを説いた。

 学校には根間さんが現役時代に着用していたサイン入りユニホームも寄贈された。

Print Friendly, PDF & Email

長嶺 真輝

投稿者記事一覧

ながみね・まき。沖縄拠点のスポーツライター、フリーランス記者。
2022年3月まで沖縄地元紙で10年間、新聞記者を経験。
Bリーグ琉球ゴールデンキングスや東京五輪を担当。金融や農林水産、市町村の地域話題も取材。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ