県内初 高齢者通院付き添いサービス 医療と介護の架け橋担う

 

 身体的な理由や認知機能の低下、家族が同行できないなどの理由から、一人で病院に行けず困っている高齢者らの病院通院に付き添うサービス「ケア・シェアリング・ポノ」を県内で初めて本格展開する沖縄市胡屋の「合同会社hareruya」。高齢者本人が必要な受診をすることで、日々の体調管理や病状の悪化を予防し、介護の重度化予防につながっている。

病院付き添いサービス「ケア・シェアリング・ポノ」とは

 「ケア・シェアリング・ポノ」は、介護福祉士などの資格を持つ専門職スタッフが10人がいる。家族の代わりに、スタッフが家に迎えに行き、送迎時(タクシー)の介助、病院での受付、問診や診察、医師への意見聞き取り、薬の受け取り、報告書の作成と家族や施設への報告などのサービスを提供している。毎月60〜80件ほどの受診対応をしている。

ケアハウス入居中の高齢者のお部屋にお迎えにあがるスタッフ(写真=合同会社hareruya)

病院に一人で行けず困る高齢者

 代表の大城五月さんは、居宅ケアマネジャーとして複合施設で勤務していたが2016年に独立。高齢者や家族の困りごとを聞いているうちに必要性を感じ、2018年からケア・シェアリング・ポノを立ち上げた。現在、中南部で約160人がサービスを定期利用し、その数は増加している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ