県内初 高齢者通院付き添いサービス 医療と介護の架け橋担う

 

 身体的な理由や認知機能の低下、家族が同行できないなどの理由から、一人で病院に行けず困っている高齢者らの病院通院に付き添うサービス「ケア・シェアリング・ポノ」を県内で初めて本格展開する沖縄市胡屋の「合同会社hareruya」。高齢者本人が必要な受診をすることで、日々の体調管理や病状の悪化を予防し、介護の重度化予防につながっている。

病院付き添いサービス「ケア・シェアリング・ポノ」とは

 「ケア・シェアリング・ポノ」は、介護福祉士などの資格を持つ専門職スタッフが10人がいる。家族の代わりに、スタッフが家に迎えに行き、送迎時(タクシー)の介助、病院での受付、問診や診察、医師への意見聞き取り、薬の受け取り、報告書の作成と家族や施設への報告などのサービスを提供している。毎月60〜80件ほどの受診対応をしている。

ケアハウス入居中の高齢者のお部屋にお迎えにあがるスタッフ(写真=合同会社hareruya)

病院に一人で行けず困る高齢者

 代表の大城五月さんは、居宅ケアマネジャーとして複合施設で勤務していたが2016年に独立。高齢者や家族の困りごとを聞いているうちに必要性を感じ、2018年からケア・シェアリング・ポノを立ち上げた。現在、中南部で約160人がサービスを定期利用し、その数は増加している。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告大寛組前田鶏卵国場組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ