好きこそ物の上手なれ!プロダンサーからスタジオ経営YURIさん

 

 みなさんハイタイ!沖縄音楽とポップスを融合した新たな沖縄音楽を発信する「リュウキュウノツカイ」のチャキです。私がお届けするこの記事では、沖縄の未来を切り開く、かっこいい女性を紹介していきます!

 今回ご紹介するのは、南風原町宮平でダンススタジオ「DANCE STUDIO LUANA」の代表でインストラクターのYURIさん!コロナ禍の中でも新しいクラスをオープンするなど、経営者としても指導者としても挑戦を続けるYURIさんに、ダンスと出会った少女時代やプロダンサーとして活躍する日々を振り返ってもらいながら、ダンスを通して生徒たちに伝えたいメッセージや今後の目標についてインタビューしました!

「どうしてもダンスが踊りたい」諦めきれない想いがキッカケ

 2018年6月にスタートした「DANCE STUDIO LUANA」では子どもたちが、HIPHOPやJAZZ、K-POPダンスなどに夢中になっています。鏡の前で豊かな表情をダイナミックな動きでリズムに乗る生徒たちを、YURIさんは温かくも真剣な眼差して見つめています。今年3月にはアクロバットクラスも開講。子どもたちがクルクルとカッコよくバク転を決めています。

 もともと小さい頃から踊ることが大好きで、小学生のことからヒップホップダンスを習いたい気持ちを秘めていたYURIさんでしたが、両親の勧めもありバレエ教室に通っていました。その教室で沖縄県出身のブロードウェイ女優・高良結香さんのダンスワークショップを受講した事がきっかけで「どうしたらプロダンサーになれるのかな」と必死で考える日々が始まりました。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「コロナで厳しい状況のなかだけに、やはり非常に期待しています」  国際自然保護連合(…
  2.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
  3.  沖縄最古の映画館で、長年成人映画文化の発信をしてきた首里劇場(那覇市首里大中町)が、成人…
  4.  「出てくる素案は、骨子案とは少し趣の違うものになるかもしれない」  沖縄県のある幹…
  5.  軍事クーデターに対して民主化を求めるデモを続ける民衆に、自国軍が銃を向ける東南ア…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
大寛組前田鶏卵国場組琉球海運_広告

特集記事

  1.  昨年3月、那覇空港の第二滑走路が開業した。だが、その第二滑走路に着陸した航空機がターミナ…
  2.  「出てくる素案は、骨子案とは少し趣の違うものになるかもしれない」  沖縄県のある幹…
  3.  4月21日の第9節でFC町田ゼルビアとアウェイで戦ったサッカーJ2リーグのFC琉球。3対…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ