「こどもによるまちづくり」で主権者教育 琉大生が企画、8月開催

 

FORCE代表の小渡さん(手前右から2人目)とメンバーら

 琉球大学の学生団体「FORCE(フォース)」が、西原町での主権者教育イベント「miniにしはら」の8月開催に向けて準備を進めている。子どもたちが仮想の町「miniにしはら」で働いたり、選挙をしたり、政策を反映させたりする3日間の「擬似的な社会参画」を通して、主権者意識を高める。世界的にも同様のイベントが開催されており、沖縄県内では初めて実践される。FORCE代表の小渡宇翔(おど・たかと)さん(21)=教育学部社会科教育専修4年、那覇市出身=は「子どもたちが社会問題を自分事と捉える力を育てたい」と、開催に向けて仲間と奔走する。

課題多い沖縄に必要な主権者意識

 このような取り組みは「こどものまち」と呼ばれ、ドイツ・ミュンヘン市で1979年に開催された「ミニ・ミュンヘン」が発祥。世界各地に広がり、学校でも推進されている。日本では、2016年からの18歳選挙導入にともない、若者の政治参加意識を育む観点から主権者教育が注目されている。

2018年のミニ・ミュンヘンの様子(公式サイトより引用)
2018年のミニ・ミュンヘンの様子(同)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2. 「沖縄県内のとある小学校のミニバスケットボールチームの話です。大会で勝ち上がって県外遠征試…
  3.  新型コロナウイルス患者が適切な治療を受けられずに在宅で死亡するケースもある中、沖縄県北部…
  4. 「やっと外で飲めた~」「お店での生ビールは格別!乾杯ー!!」  10月2日の夕暮れ時…
  5.  「指笛の吹き方講座!あなたも必ず吹けます♪」「沖縄県民に『沖縄あるある』聞いたら共感しか…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
琉球海運_広告国場組前田鶏卵大寛組

特集記事

  1. 「率直に言うと、玉城デニー知事のコロナ対応は失敗に他なりません」 そう厳しく批判するのは、…
  2.  地球温暖化に対する危機感はいまや世界中で共有され、2015年のパリ協定を契機に、…
  3. 「国と県による営業妨害がもう1年半も続いているという感覚。沖縄県はコロナ対策としてやってる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ