「こどもによるまちづくり」で主権者教育 琉大生が企画、8月開催

 

FORCE代表の小渡さん(手前右から2人目)とメンバーら

 琉球大学の学生団体「FORCE(フォース)」が、西原町での主権者教育イベント「miniにしはら」の8月開催に向けて準備を進めている。子どもたちが仮想の町「miniにしはら」で働いたり、選挙をしたり、政策を反映させたりする3日間の「擬似的な社会参画」を通して、主権者意識を高める。世界的にも同様のイベントが開催されており、沖縄県内では初めて実践される。FORCE代表の小渡宇翔(おど・たかと)さん(21)=教育学部社会科教育専修4年、那覇市出身=は「子どもたちが社会問題を自分事と捉える力を育てたい」と、開催に向けて仲間と奔走する。

課題多い沖縄に必要な主権者意識

 このような取り組みは「こどものまち」と呼ばれ、ドイツ・ミュンヘン市で1979年に開催された「ミニ・ミュンヘン」が発祥。世界各地に広がり、学校でも推進されている。日本では、2016年からの18歳選挙導入にともない、若者の政治参加意識を育む観点から主権者教育が注目されている。

2018年のミニ・ミュンヘンの様子(公式サイトより引用)
2018年のミニ・ミュンヘンの様子(同)
Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  世界中から沖縄県系人や、沖縄にゆかりのある人が集結する「第7回世界のウチナーンチュ大会」…
  2. スターラックスの初便で台北から到着した乗客たち  台湾の新興航空会社「スターラックス航空」が…
  3.  サッカーJ2のFC琉球が、J3降格圏内となる22チーム中21位で今季を終えた。10月23…
  4.  無駄のない美しいフォームから繰り出す伸びのあるストレートに、スライダー、カーブなど多彩な…
  5.  「最高に幸せでしたぁーー!!」。宜野湾コンベンションセンターのステージ上でたくさんの出演…

特集記事

  1. 観光事業者の代表が集まる「沖縄ツーリズム産業団体協議会」 「観光客が戻っていても、観光業界の…
  2.  環境省は24日、石垣島沖にある国内最大のサンゴ礁海域「石西礁湖(せきせいしょうこ)」を9…
  3.  23日に投開票される那覇市長選。届出順に無所属新人で「オール沖縄」勢力が支援する前県議の…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ