「こどもによるまちづくり」で主権者教育 琉大生が企画、8月開催

 

当日に向けて日々試行錯誤

開催に向け定期的に会議を実施するFORCEの学生ら(FORCE提供)

 イベントを共催する西原町PTA連合会の前田光智会長は「これまで大人の目線や保護者の立場として日々の仕事や地域づくりに取り組んできましたが、子どもたちが自ら学び、考えることで、地域に関心を持ってもらえる機会になる。どんな町ができていくのか、大人の私たちもワクワク、ドキドキしています」と話す。

 小渡さんは「変わらないコロナ禍に加え、初めての開催ということもあり、探り探りで活動していますが、実施することに意義があります。miniにしはら開催に向け、メンバー一同精進して成功に向けて頑張っていきたいです」と意気込みを話した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:
1 2

3

安里 三奈美

投稿者記事一覧

ボリビア在住3年、1児の母。フリーライターとして観光や沖縄県系コミュニティーについてWEBや紙媒体で執筆、寄稿等を行う傍ら、家系図や家族史・自分史の制作会社の代表も務める。2011年に県系の若者をつなぐネットワークを構築、県系若者が集う大会を世界各地で開催。2015ミスうるま。著書に「刻まれた21cm」(文芸社)

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の行事や観光映画などを収めた古い映像資料の修復・保存を数多く担う東京の業者がある。株…
  2.  42.195kmの道のり、厳しい坂を登り切ってのゴール。9月5日に行われた東京パ…
  3.  菅義偉首相が新型コロナウイルス対策に専念することを理由に、自民党総裁選への不出馬を表明し…
  4.  新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない沖縄。8月25日にはついに感染者数が800名を超…
  5.  沖縄が全国に実力を誇る「ハンドボール」。今回の東京オリンピック女子ハンドボール日…
琉球海運_広告国場組大寛組前田鶏卵
国場組前田鶏卵琉球海運_広告大寛組

特集記事

  1.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  2.  教員免許に10年の“有効期限”を設け、更新しなければ失効してしまうという教員免許…
  3.  内閣府は2022年度沖縄振興予算の概算要求額を2998億円とする方針を固めた。仲井眞弘多…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ