三線文化の振興で協議会発足へ 弾き手や作り手の育成も

 
沖縄県三線文化振興協議会設立準備委員会のメンバー

 沖縄を代表する楽器「三線」が根強い人気を誇る一方で、県内の愛好者や職人の減少などで、文化継承の危機を迎えている。その現状を打破しようと、県内の三線製作者や実演家、行政などが連携して沖縄の三線文化の普及や振興を目指す「沖縄県三線文化振興協議会設立準備委員会」が発足した。今年10月に「ワールド三線フェスティバル」を開催するほか、文化の担い手である子どもや若者の育成、三線市場の活性化、製作技術の保存など、三線文化の抱える課題解決に向けた取り組みの創出に向けて動いている。

三線継承の危機

 娯楽の多様化などが原因で、三線の県内愛好者が減少。三線教室や三線販売店、三線フェアなどの「三線市場」は県外に移りつつある。三線実演家の専業は難しく、三線の音楽公演では、客の少なさからチケット価格を低くするなど、伝統文化を安売りせざるを得ない現状が続いている。

 また、三線製作の市場においては、海外産の安価な三線が全体の7割以上を占め、県内の三線職人によって作られた三線は全体の3割にも満たないという。そのため、若手職人の育成ができず、製作技術の継承が課題だ。

 さらに、沖縄県内ではしまくとぅば(地域ごとの言葉)を話す人が減少。歌い手からは「歌三線を聞く人がこのままではいなくなってしまうのではないか」「先人から引き継いだ唄の意味を未来に残していけるのか」との危機感が広がっている。

三線製作の様子

「ワールド三線フェスティバル」の実現へ

 そんな思いから同準備委員会は、「三線文化が抱える課題に目を向けるきっかけを作りたい」と、10月30日から始まる「第7回世界のウチナーンチュ大会」に合わせて「ワールド三線フェスティバル」を開催する。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  10月1日、株式会社プロアライアンスと琉球朝日放送株式会社(QAB)が協同して構築した、…
  2.  「久しぶりー!」「元気だったー!?」と、賑やかな声が飛び交う。10月2日に開催される「沖…
  3.  安室奈美恵、MAX、DA PUMP、SPEED、知念里奈、三浦大知…沖縄発で今現在も大活…
  4.  感染者数は依然として収束を見ないが、「ウィズコロナ」の広がりから徐々に国内からの入域客数…
  5.  サッカーJ2のFC琉球が、いよいよ崖っぷちに追い込まれた。  琉球は9月18日、沖…

特集記事

  1.  敵味方、民間人、軍人、国籍問わず、沖縄戦などで死没した全ての人々の氏名を刻む「平和の礎」…
  2.  2022年“選挙イヤー”の沖縄で最大の政治決戦となる9月11日の県知事選は、米軍普天間飛…
  3.  今年で本土復帰から50年の節目を迎える沖縄。9月11日には14回目の県知事選挙が行われる…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ