貧困問題考える「Rich Heart プロジェクト沖縄」設立 大城五月さん

 

 「貧困の真っ只中で困っている人たちの支えになりたい」「あなたのせいじゃない。ひとりじゃないと伝えたい」ー。沖縄市胡屋で居宅介護支援や高齢者らの病院付き添いサービス事業を行っている「合同会社hareruya」代表の大城五月さんは、貧困問題を考えるコミュニティ「Rich Heartプロジェクト沖縄」を今年1月に設立、展開している。五月さん自身も、幼少期に母子家庭で育ち、二度にわたる結婚と離婚で借金を抱え、シングルマザーで5人の子どもを育てながら事業を進めてきた。自身の経験をもとに「コミュニティ内で自分の半生を公開し、育ってきた環境をみんなでシェアする事から始めたい」と呼びかけ、定期的な対談イベントを展開している。

5児のシングルマザーであり、二度の離婚を経験

 五月さんは、3男2女のシングルマザーで2度の離婚を経験。物心がついた2歳の頃には母と二人暮らしだった。母は昼の仕事だけでは生活ができず、夜も仕事で忙しかったため、五月さんは祖父母に預けられた。そんな生活が小学校2年生ごろまで続いていた。「みんなこんなもんだと思っていた」「家族というものがよくわからなかった」と振り返る。祖父と祖母と一緒にご飯を食べて、寝て、お母さんは時々来る人。来たら優しいし、本を買ってくれたりといい思い出があった。また、母の兄弟(おじおば)も一緒に遊んでくれて寂しいなりに楽しい思い出もあった。

 母は五月さんが小学校2年生のときに再婚。継父は、初めて会った時に、ステーキ用の生肉を片手に笑顔で登場し、「いいお父さんだ」という印象だった。弟と妹が生まれて、憧れていた普通の家庭の子になれたと思った。初めて家族ができたという感じになっていったが、小学校高学年に入ると五月さんは非行に走る。万引きや飲酒、他校とのトラブルを起こし、母は何度も校長室へ呼び出され、手に負えないと泣き崩れていた。

 その後、中学校3年生の時から付き合っていた彼氏と20歳で結婚。21歳で長女を出産し「今思えば、子どもが子どもが産むような感じ」だったと振り返る。その後、4人の子どもが生まれた。生活費が足りなくて借金していた。20歳という若さで結婚した夫は、遊び盛りの友達や仕事仲間と飲みにいく生活が続き、五月さんは「仕事をしながら、家事をしながら、子供を育てながら、どうして私だけ」と積もり積もった感情が衝突し合って33歳で離婚した。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2 3

関連記事

おすすめ記事

  1.  慰霊の日が近づくと、沖縄戦を語り継ぐことの大切さが毎年のように課題として挙げられる。戦後…
  2.  7月10日投開票の参議院議員選挙が22日、公示される。沖縄選挙区は現職の伊波洋一氏(70…
  3.  「月桃ゆれて 花咲けば 夏のたよりは 南風」-。鎮魂や反戦、平和への願いを込めた海勢頭豊…
  4.  国際通りの真ん中に位置するビル。エレベータを降りて2、3歩足を進めると、100席余のテー…
  5.  求人サイト「オキナビ」の運営などを行う株式会社プロアライアンス(大城佑斗代表)と沖縄県内…

特集記事

  1. 県庁
     今後10年の沖縄振興の指針となる新たな振興計画「新・沖縄21世紀ビジョン基本計画」(第6…
  2.  5月15日に東京と沖縄をオンラインで繋いで開かれた「沖縄復帰50周年記念式典」。壇上の大…
  3. 「沖縄県だけ特別措置を作ってもらっている現状をどう認識するのか。復帰50年を過ぎてもまだ国…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ