平均年齢75歳!沖縄の「嘉手納シニアヒップホップクルー」参上

 

 沖縄本島中部の人口約1万3000人の嘉手納町で、サングラスにド派手なアクセサリーを身にまとい、ノリノリでポーズを決めるのは平均年齢75歳の「嘉手納シニアヒップホップクルー」だ。オンラインで練習を積み重ねて撮影したプロモーションビデオがYouTubeで配信されると、家族や孫からは「かっこいい」と大人気。ヒップホップの要素をメインに置きながら、カチャーシーなど沖縄の踊りを取り入れたダンススタイルに個性が炸裂している。そんなヒップホップクルーの練習の様子や雰囲気、挑戦する姿を伝えたい。

ムードメーカーは88歳古謝ヨシ子さん

 嘉手納シニアヒップホップクルーは、2019年に地域のお祭りでダンスを披露するため、嘉手納町老人クラブ連合会に所属する60代から80代の高齢者50名で結成された。練習は週に1回。平均年齢75歳のチームの最高齢は、古謝ヨシ子さん88歳。チームのムードメーカーだ。

嘉手納シニアヒップホップクルーの練習風景(提供:嘉手納町老人クラブ連合会)

 

 「最高のメンバーです」とグループの結束を語るのは、メンバーの宮平幸子さん(71)だ。一人一人のダンスにはそれぞれ個性があるという。「ヒップホップの振りを大きく堂々とする人もいれば、小さめにかわいらしく踊っている人もいます。メンバーと一体になって、一生懸命ダンスに付いていこうという思いを感じます」と、チームの本気度も語る。ビートの効いたリズムに乗せて体を動かすのは、健康づくりや地域コミュニケーションの域を超えた。「ヒップホップ、生き甲斐ですね」

嘉手納町福祉協議会の老人クラブ担当の玉置美奈子さんは、練習中の様子を「みなさん、とてもポジティブ。練習熱心で休憩時間にも練習していて、常に楽しいようです。耳慣れない音楽・ダンスの動きにも挑戦する姿、とても尊敬してます。私も、嘉手納町老人クラブの皆さんのように、歳を重ねていきたいと目標としている方々です」と話す。

講師は22歳の前川さん!「団結力がダンスに表れている」

 そんな嘉手納シニアヒップホップクルーの講師を務めるのは、北谷町出身で昨年沖縄国際大学を卒業したダンスインストラクター前川萌さん(22)。嘉手納町以外に、沖縄市や那覇市の学校やダンススタジオでインストラクターとして勤めている。

Print Friendly, PDF & Email
次ページ:

1

2

関連記事

おすすめ記事

  1.  沖縄の市場やスーパーマーケットでは、昔から人々に親しまれている沖縄伝統菓子を今でも数多く…
  2.  「エネルギー自給率」という言葉を聞いたことがあるだろうか。石油やガス、太陽光など、発電な…
  3.  プロバスケットボールBリーグ1部西地区で優勝を決めている琉球ゴールデンキングスが、今季あ…
  4.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  5. 「番組を休んだ時に『おめでたじゃないの?』って言われることが結構あるんですが、できれば今後…

特集記事

  1.  喜納昌吉、73歳、音楽家。『ハイサイおじさん』『花~すべての人の心に花を~』などの代表曲…
  2.  ゴールデンウィーク(GW)に突入した。2年ぶりに「まん延防止等重点措置」などの活動制限の…
  3.  なぜ、ここまで強いのかー。  プロバスケットボールBリーグ1部西地区の琉球ゴールデ…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ