キングス浴衣誕生!夏の長い沖縄で試合応援の新スタイル

 

 プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスがホームタウンである沖縄市の一番街商店にあるおやかわ呉服店(沖縄市中央)とコラボし、「キングス浴衣」を製作した。Bリーグはシーズンが9月から5月までで、夏場の試合がない。ただ、沖縄はこの期間でも十分夏日の日が多いため、温暖な地域にあるプロスポーツらしいアイテムとなっている。

デザインに遊び心 隠れゴーディも

 浴衣はキングスのユニホームカラーの一つであるネイビーとゴールドを基調としており、左肩にはチームロゴがある。左足の部分には縦に「RYUKYU GOLDEN KINGS」と描かれ、和と洋が混在したデザイン性の高い仕上がりとなっている。

 足元をめくると、チームマスコットのゴーディーが陽気な顔をのぞかせる。デザインを手掛けた一人であるおやかわ呉服店3代目の親川雅也さん(コザ商店街連合会事務局長)は「隠しギミック(仕掛け)でチラチラ見えるようにして、遊び心を入れた」と楽しみながら製作した。

沖縄だからこそのチーム浴衣

 開発のきっかけは昨年夏ごろ、キングスの安永淳一取締役と商店街の関係者が交流をしている時に「浴衣を着てバスケを観戦できたらおもしろい」という案が出たことだった。すると、安永さんが「どうせ作るならキングスのロゴも入れてしっかり作ろう」と提案し、開発に向けて本格的に動き始めた。

 コザ商店街連合会の事務局長を務める親川さんは「沖縄アリーナもできて、商店街はキングスとつながりたいし、キングスも地域活性化に力を入れたい気持ちがあり、その思いがマッチした」と経緯を説明する。

 また、プロ野球やJリーグと違って夏場にリーグ戦がないBリーグにおいて「浴衣はキングスにしか商品化できない商品。沖縄は温かい時期が県外より長いから、その分着られるタイミングも多い」と地域の特色を生かした。自身はホーム戦で着ることを想定して製作したというが、ファンから「浴衣を着てアウェー戦に行きたい」という話をされたことを明かし「これでアウェーに行ったら相当目立つ。最高ですよね」とワクワクした様子で語った。

 キングス浴衣の販売はおやかわ呉服店で4月上旬に開始予定。受注販売。最初の58枚は特別価格の税込3万8千円で、通常価格は同4万8千円。

Print Friendly, PDF & Email

関連記事

おすすめ記事

  1.  サッカーJ3のFC琉球が、第2次金鍾成(キン・ジョンソン)監督体制下の初陣を白星で飾った…
  2. 今季から琉球ゴールデンキングスに加入したアレックス・カーク(左から2人目)やヴィック・ローら=16…
  3.  FC琉球の監督が、また代わった。  サッカーJ3で20チーム中18位に沈む琉球は1…
  4. 戦前に首里城正殿前に設置されていたバスケットボールゴールを再現した首里高校の生徒ら=8月27日、那…
  5.  8月12日、浦添市のアイム・ユニバースてだこホール市民交流室は熱気が渦巻いていた。ステー…
宮古毎日新聞

特集記事

  1. 再びFC琉球の指揮を執ることになり、トレーニング中に選手たちに指示を送る金鍾成監督=19日、東風平…
  2. ヴィック・ロー(中央)の入団会見で記念撮影に応じる琉球ゴールデンキングスの(左から)安永淳一GM、…
  3. 沖縄県庁  沖縄県は、地域の緊張を和らげようと、4月から「地域外交室」を設置し、照屋義実副知…
ページ上部へ戻る ページ下部へ移動 ホームへ戻る 前の記事へ 次の記事へ